シンデレラコーナー  No.9 Ms.Miura
 ’02 1月5日     at   Aurea Ovis

        

  左側 メイク前
 いじらしいほど 一生懸命 よくありたい、正直に生きたい という 思いの感じられるを方でした。
現在 大阪で看護婦さんとして 8年のキャリアをお持ちになって お仕事を続けられています。大変 賢明でかつ 聡明な方です。ご自身が あまりに ピュアな感性をお持ちの故だと思います、現場や実生活での苦しみを 率直に 適格な言葉を使って お話くださいましたが、私は その率直さに 面食らってしまいました。こうして 日々を 受け止めつつ 生きようとする 若い方が 現実におられるのだ・・、と 思うと この雑な世の中に 清涼な風が軽やかに吹き抜けるようで まだ もう少し この世の中に期待てもいいかな・・なんて ふと 思ってしまいました。
 ご本人の お気づきになっていらっしゃらない 人に信頼感をもたれるような雰囲気と、多少 中性的なそれでも 可愛らしさを入れた感じを出したい、と おもっての メイクになりました。


  右側 メイク後
 まず スキンケアから ご指導させていただきました。日ごろ 本当に お忙しく、たびたび 夜勤もおありとのこと、お肌が 少々 疲れ気味なのは 致し方ないとはいえ、まだまだ お若くて 綺麗なお顔立ちでもありますし、ここは 是非 お肌を美しく保たれて どんなに忙しくても 多少のストレスなんかに負けないような、健康な素肌作りを なさっていただけるよう、水分をたっぷり肌に与え、お仕事柄 むくみやすい生活ですので、リンパの流れを促す 化粧水や乳液のつけ方を 学んでいただきました。結構な量の 乳液でも 丁寧に なじませることで、たっぷりすぎると思っても ちゃんと 肌内に入っていくのだ ということを 実感していただきました。 

 次に @化粧下地この存在の意味を ご存じなかったので、先のスキンケアのものは 肌内にとどまって欲しいものだけれど、その後の メイクアップのものは 肌の中に入って欲しくないものなので、一線を画す という意味であることと、滑らかな肌表面につけるファンデーションのほうが より肌を綺麗に見せるので、そのためにも 化粧下地を おつけください、と お話しました。その後に くすみやすい傾向を余儀なくされるお仕事ですので、肌を明るく見せるための カラーコントローラーとしての A色物のファンデーションを お付けいただきました。(これは 時期や冬場の乾燥やストレスの程度を考えて ファンデーションタイプのほうが よりよいだろうという判断で 選びました。)@Aそれぞれの後に 長時間化粧崩れのないよう フェイスアップパウダーを 押し付けるようにつけて 余分な粉をはらいおとします。ファンデーションは クリームタイプ(ディグニ―タ リクイドファンデーション モイスチャー BO20)を お顔の広いところにおいて、それを 適当に伸ばし、次に スポンジで 軽く抑えるようにして なじませます。このとき Tゾーンと目の周り、口の周りは 適度に スポンジを滑らせて 薄付きに仕上げます。最後は もう一度 フェイスアップパウダーで しっかり押さえ、これも 余分な粉気を 払い落として仕上げです。

 メイクは 殆ど ご自分でお持ちのものでなさいました。B眉は いい骨の形をしておいででしたので、それをそのまま利用すると 自然に いい格好になります。目そのものの形も 分かりやすかったので、眉尻は 目の形に沿わせて 描きました。アイシャドウはディグニ―タのCグレイッシュなスモ―キーピンクをアイメイクベースに 湿り気のあるような D甘いブラウニッシュグレーで 二重の中イッパイに 色を入れます。それを アイシャドウチップの色のついていない面で 上にぼかし、先のピンクに フェードアウトさせます。Eアイアイナーは ワインレッドFマスカラも ワイン系です。まつげが長くて濃いので 上からも 色を乗せておきます。G口紅は その日お付けになっておられたご自分のもので それに ピンクのグロスを 下唇中央に少々 置いてありますチークは このところ 私のお気に入りの 淡いピンクを 頬の一番高いところを 気持ち避けて 2本の指に取り、円を描くように そっと 顔側面方面へ 広げます。

 お顔が明るくなったところで 額を見せて、自信(自分を信じる心)を 誇りましょう!!

@ エメルジェ リファイニングベース Aコンフィア ネイティブ ビューティーベース Bインウイ ジ アイブロー Cディグニ―タ
Dディグニ―タ        Eピエヌ アイラインパーフェクト 36 Fヴィセ ストレッチアップマスカラ PU100 Gテスティモ ルージュグロス PK03



  メイクを終えて・・
 素直に喜んでくださいました。それが 私にもうれしかったです。なにもかも 人の欲しがるものを何でもお持ちなのに なぜか いつもなんとなく落ち着かなくておいでのように思いました。 でも 後から送ってくださったメールに 自信がついたと お書きくださいました。それは ご自分が ご自身で 発見なさったことなんですけれどね・・。
 私にとっても 考える素材を与えられた 良い出会いで、感謝しています。本当に とてもチャーミングな方でした。

 どうぞ お元気で!!

 

 



携帯用のサイトはこちら!
 
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号室
Ph.& Fax.. 046-876-2538   E-mail ; be@aureaovis.com