make-up diary of natural colors

  
 
今日は とっても シンプルな気分

別に何があったわけではないけれど、
光の加減で あっさり見えて 
ピュアな感じを出してみたいな と 

べつになにがあったわけではないけれど・・ね  

  ◇ ファンデーション ◇
 光、あっさり、ピュア、そして シンプル。これが キーワードになりますね。
こういうときは 肌作りにちょっとひと手間。

 まず 水分(化粧水)を 十二分に肌になじませ、その湿り気が感じられるうちに、乳液を いつもより少し多めに手にとって、きちんと全部しみこむまで 丁寧になじませます。

 べたつきのないように なじませたら、オイルコントロールのフェイスアップパウダーを お顔全体に 丁寧に押し付けるようにつけ、かるく ブラシで払います。

 メイクアップベースは 多少明るい肌色にしてくれるもので できるだけうすく伸ばします

 フェイスアップパウダーを お顔全体にしっかり押さえつけながらなじませ、余分な粉をブラシで払います。

 気になる部分にのみ リキッド状のファンデーションを ぽんぽんと乗せ、指先で かるくたたき伸ばしながら 肌になじませていきます。

6 練り状のチークを指先に取り、頬の広い範囲に 広げ伸ばします。 

 フェイスアップパウダーをきゅっきゅっと 抑えるようにしてつけ 余分な粉を払いおとしブラシにとったパウダーファンデーションを お顔全体に 軽く 払うようにしてなじませます。

 最後に大き目の何もついていないパフで お顔全体をしめるようなつもりで きゅっきゅっと抑えて 粉ものを 落ち着かせるようにし、大き目のブラシで 軽く払います。

 今回は つやを出すよりは抑える というかんじで 少々 粉物を多めに繰り返します
 ちょっとハーフマットっぽく見えますが、しんなり感があってぬくもりのある穏やかなイメージになります。

 ☆ アイメイク ☆

 アイライナーは できるだけ細く、目の際を 形なりに描いていきます。今回は 上が黒、下はブラウンです。

2 目元全体にあわいピンクのアイカラーを 大き目のアイシャドウブラシでなじませ、アイホールの中 目尻よりから まぶた中央までに 濃い目の多少光るピンクのアイシャドウを アイシャドウブラシで乗せていきます。

 写真では 緑っぽい感じに見えますが、編集のせいで、実は クリーム状のライトラベンダーのアイカラーが 目頭からまぶた中央までに 入っています。

 上のアイライナーの上に 細いライナーブラシで 赤めの茶色を入れながら 先につけた黒のアイライナーと触れ合わせて ラインをぼかします。

 下のラインは 目尻から 目頭にかけて、ダークブラウンのアイライナーペンシルでラインをいれ ライナーブラシできちんと丁寧に ぼかします。

 インラインはきらきらするピンクのラインペンシル

 マスカラはブラウン。上下に たっぷりつけます。

8 眉は  赤系の茶色で できるだけ 自然な自分の眉の形になるように描き ぼかします。

 口紅は ベージュのつやのある口紅を唇全体に塗ったあと、ピンクのグロスリップでなぞります。  

◆ ヘアは 髪全体に 手に広げた スタイリングムースをなじませ 大雑把に 後ろに流しておきます。

 ヘアワックスを指先に取り、髪全体を下からかき上げて 動きを出します。

 適度に 落ち着かせたあと 前髪、生え際など 自分でよいように髪を あそばせます。 すべて 手櫛でしました。

 

★・。・。☆・。。・゜★・。・。☆・。 。・゜★・。・。☆・。。・゜★

何があったわけではないけれど なんとなく 
今日は やさしい気分なんです。

きっとこの時期にはめずらしく 和らいだ光が 朝から部屋に入ってきたからかもしれません

見慣れた場所や物が なんでも ほわっとソフトになったようで・・・、

 ちょっと 天使が入ったような そんな気持ちになってしまいました。




携帯用のサイトはこちら!
 
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号室
Ph.& Fax.. 046-876-2538   E-mail ; be@aureaovis.com