ひつじ小屋だより 40

発行日 2004/02/05
発行人 遠藤由美子

も く じ

Photo by C.
ひつじ小屋の風景  30
(子供と一緒に)


『エレの引き出し』
ゆりのかおり  C


ひつじの

   No.2 Pink−ピンク


きれいをおいしく!
サトイモとおからのパテ


季節限定メニュー

”う
れしい日には
きれいでいたい!

『セレモニー・メイク・
セミナー』

編集後記 & お知らせ


ひつじ小屋の風景
 30  (子供と一緒に)

 以前のひつじ小屋だよりに 赤ちゃん連れのママさんのエステが楽しいと書いたこともあってか、最近赤ちゃんを連れていらしてくださる方が増えました。
  私は 赤ん坊と呼ばれる人たちが大好きで、どこか波長が合うんでしょうね、おいでくださる日は 朝からとても楽しみです。

 赤ちゃんのママたちは、殆どの方がお仕事をお持ちで、産休明けが近くなってくると、職場復帰に向けていろいろ準備を始められ、そのうちのひとつとして、忙しさやそれぞれの立場にあうようにとメイクアップの個人セミナーを希望なさったり、産後の体形調整のために ボディーエステに通ってくださったりしておいでです。

 ちょっと前までは 赤ちゃんがいるということが手かせ足かせになって、子供が多少とも手を離れるようになってから と、子供の成長を待ったり、納得される(だれに?)状況になるまで、そんなこと願うほうが無茶とみる向きが多くて、結局 自分もあきらめて・・ということが多かったように思いますが、こちらにいらしてくださる方たちは 皆さん とても前向きだし、子育てを楽しんでいらっしゃるようで、どこへでも赤ちゃんを連れ、かさばる荷物を持って出かけたり、何かの集いなどにも積極的に参加なさったり・・。
 そういう方たちを見ている私は とてもいいなぁ と 思っているのです。

 私の場合は子供の数が多かったということもありますが、もともとあまり人となじむことを自分からするようなタイプではなかったし、なにしろ重いものを持って歩くということが苦手だったこともあって、子育て中は殆ど表に出ることもなく、子供が小さいからとかまだ赤ん坊だからと自分にも 外に向かってもそれを理由にし、だから行かれない、だからできないといってきたように思います。

 自分でも それが結構なストレスになっていることに少しも気づかずに、そのたびに子供にあたったりして、自分でも不快な思い出として残っていることがいくつかあるのですが、良く考えれば 子供にとっては ずいぶん迷惑ないいわけだったことでしょう。

 『現代の人間関係の中で、選ぶことができないのは「子どもにとっての親」だけである。夫婦、友人、職場……、あとの関係はすべて自分の考えで選択をすることができる。』と毎日新聞のコラム「夫の言い分」で瀬地山角氏が書いておいでですが、そんなことを認識する以前の赤ちゃんに至っては、選ぶも何も ソコに生まれてきてしまえば 当然そこにいなければならず、それだけで結構な「錨」状態とされることもあるのに、それ以上に 何かのたびに自分の存在を言い訳にされたりしたら たまったものじゃないでしょう。

 自分が家を出てだいぶたってから お母様が再婚なさったという友人が、"子供がいくつになったらこうしようと思うとか、子供がいるから今は我慢するとか、そういうことを言われるのがすごくいやだった。そんなこと考えないで 自分でよいと思うようにしてくれたほうが ずっといい思う。だからもっと早く再婚して欲しかった。"と言ったことがあったのですが、親からすれば 子供のことを考えてのことだったとしても 子供の側からすると 自分の存在が母親の希望を引き止めることになっていると感じたら それは とてもつらいことだろうと思いました。

 勿論 その人の考え方や性格にもよりますし、子供の全部が同じように考えるとは思いません。でも そういう考え方もあるのだ とそのときははっとした思いで聞いたものでした。

 世の中は21世紀になりましたが、いつかの当方の掲示板への書き込みにもあったように、子供をつれて出歩くことが まるで社会の迷惑のようなものの言い方をする人たちがまだまだ多くいるうちは なかなか 赤ちゃん連れでエステに通うなど考えにくいかもしれません。

  でも 私は 単純に「綺麗になりたい」という自然な夢をかなえるために、大きな荷物と重い赤ちゃんを抱えて せっせとこんな小屋にまで通われる意欲のあるお母さん達を"すごく素敵だ"とおもうし、できる応援をしたいと思っています。

  それに体の引き締めやお顔のお手入れは30代から 改めてきちんと学ばれておくと、あとがとても良いのですから、不便なところではありますが、思案中の方、どうぞ連絡なさってみてください。

Photo by C.


『エレの引き出し』

ゆりのかおり  C

 楽しいじかんというのは ほんとに すぐすぎてしまいます。
 エレもおにいちゃんも このふしぎないえとやさしいおんなのひと、そして おいしいあまいかおりとあじのおかしやおちゃのことを けっしてわすれないようにしようとおもいました。  
  ひつじもはとも おんなのひととエレやおにいちゃんの話をききながら、にこにこと しあわせそうなかおをしていました。

 エレは ちょっと静かにしながら このようすを ちゃんとおぼえていようと思いました。
 エレは でも さっきから なんだかこんなふうなことが ずっとまえにもあったようなきがしてならないのです。

 このおうちは はじめてのおうちだし、おんなの人もはじめてあいました。
 すわっているいすも おかしやおちゃのならべてあるテーブルも、はじめてです。
 
 なのに このかおり、このあじ、このあたたかいきもち、ここへくるときだって はじめてみるものばかりでした。それなのに どういうわけだか ずっとまえからしっているようなきがするのです。

 すこしたって エレは大きなあくびをしました。だって ずっといろんなことがあったし、ふだんはあるかないのに ここではいっぱいあるいたんですもの。

つづく・・・

もどる

ザマ トウゴロウさん
工房Togoのページ
できました。

ずっと木を相手に
「好きなことをやってきた」ざまさん。
その手のぬくもりを持ったままの
楽しい作品がいっぱいです。

ひつじの 「

  No.2  Pink−ピンク

Photo by C.

 ひつじ小屋でのメイクアップのセミナーにメイクアップラボというものがあります。

 メイクアップをするにあたって 先ずしていただくのが「自分」への認識。それをアンケートから始めるのですが、その中に「幸せのイメージについて」という項目があります。

 皆さんいろいろで、とても現実的かつ具体的なことを書かれる方もいらっしゃれば、すごく抽象的にかかれる方もあります。また 時にはイメージとしての幸せをが、色によって表されることもあり、そういうときには「ピンク」がかなりの率で登場します。

 そうですよね、ピンク色というとやはり"ほんわか、あったかい、やさしい、柔らかい、穏やか、甘い、なごやか"など、とても良いイメージが沢山ありますから、幸福感を表すときには よく使われて当然だと思います。

  余談ですが 私自身も春の暖かくてのどかな日中、柔らかな日差しを浴びながら満開の桜の花の下を、風に吹かれてくる花びらを受け止めつつ歩くときなど、何にも増して幸せだと思いますので、ピンクはやはり幸せ色なんでしょうと思います。
 
 自分を勇気付けたり、美しさを持続させたりするために、「ピンクの光の中に自分がすっかり浸りきっているイメージを描くことが元気で美しい自分を作るためにはとても重要」と言い切る人もあるくらいですし、今はあまり使うこともないようですが、英語の言い回しのひとつに"In the Pink"(とっても元気)というものがあったり・・、確かにピンクは人の心に明るさや華やかさ、美しさや幸福感などをイメージしやすい色だとも思います。

 でも そういうときのピンクって ちょっと考えると象徴的な呼び方であって、ひとによって思い浮かべるピンクが違ったりもするでしょうから、そう思うと ずいぶんと曖昧な漠然としたイメージ色のような気もします。

 それなのに ピンクという色について話されると やはり先に書いたようなプラスのイメージが多いのは、もしかしたら胎内の色=大事にされた記憶に通じる色だからかもしれないと、私は勝手に思っています。

 とても自分本位なのですが、ハートの形を描くとき 真っ赤な色を使うよりピンクを使ったほうが、私にはより優しい深い愛情を感じるのですが・・いかがでしょうか・・?

 なんとなく幼いイメージ、可愛かったりキュートだったりというピンクでもありますが、いつだったか 銀髪を綺麗にセットし、丁寧なメイクアップをなさった年配の女性がざっくりとした素材の美しいピンクのジャケットをお召しになられているのを見て、ああ いいなぁ と思ったことがあるのですが、ピンクは 多分 どんな女性の中にもある「愛情」の色で、それは何もだれかを愛するばかりではなく、自分をいとおしむための色でもあるのかもしれないと そのとき思ったことを 今回は付け加えたいとおもいます。

 暗い冬、色の少ないこの時季には 是非 明るく綺麗なピンクをお選びください。

・。・。・。。・・。・。・。。・・。。・
2月のJ’s sweets!「チョコレート・ハート」

    
     きれいをおいしく!

   サトイモとおからのパテ

作り方サトイモ(中くらいの物8個くらい)はたわしで洗って大体の汚れを取り、ラップに包んで柔らかくなるまで加熱したあと、皮を剥き、ボウルに入れてポテトマッシャーで粗くつぶします。
  おから100g程度サラダ棒2本分を細く裂いたものを加えて マヨネーズ適宜と塩コショウを入れて 全体に味か絡むように良く混ぜます。

 サトイモの粘りで一塊になるので、小判型俵型なとすきな大きさや形にして、オーブントースターや脂を敷いたフライパンで 焦げ目が着くまで焼いたり、また コロッケにすると トロっとしてクリームコロッケのようになります。

 お弁当にいれたり 小さい俵型のものを並べて溶けるチーズをふって、オーブンで焼いてグラタンにしてもgood!
  もちろん そのままいただいても良いし、平たく焼いたものをサンドイッチとしてパンにはさんでいただくのもおいしいです。

 いろいろ 工夫して 召し上がってみてくださいね 


季節限定メニューのお知らせ

”うれしい日にはきれいでいたい!”

『セレモニー・メイク・セミナー』

 内容
卒園、卒業、入園、入学、入社など春のセレモニーにふさわしいメイクを簡単なヘアメイクアドバイスなどと一緒に学んでいただくセミナーです。

◎個人は勿論 グループ指導もいたします
(当方でのご利用は3名様まで、出張の場合は5名様まででお受けいたします。なお出張の場合は出張費と交通費を別途いただきますのでご了承くださいませ。)

期間   :2月15日〜3月30日
所要時間:1時間半程度
料金   :4000円 

  グループの場合はお一人様3800円

詳しくはAurea Ovisまで お電話、
メールなどでお問い合わせください。

  
Ph.&fax.046-873-3499
E-mail  be@aureaovis.com

       
        編 集 後 記


横浜そごう美術館「田中一村展」に行ってきました。
  平日にもかかわらず結構な人出でした。そしてその多くが年配の婦人達、とそのお連れ合いたちも。ご自分達はひそひそのつもりでしょうが、かなりのざわつきが香水の匂いとともに拡散され、ご趣味の参考になさるのか、見たい絵のまえに張り付くようにしてご覧になられるのには、閉口いたしました。


何とかして全体を見たいと思って距離を持って絵の前に立つのですが、この大きさの私が無視されて、私と絵の間に数人の塊が毎度毎度群がられること数回、終いには本気で文句を言おうかと思ったくらいです。<(`^´)>

女性だからとは思いたくないですけど、群れるとなんでもありになる風潮は困りもの。そういう方ばかりではないのは 勿論 よくわかっていますが、「おばさんって・・」とくくられても仕方ないかとおもってしまったできごとでした。


お 知 ら せ

2月のお休み予定日

事情により 特定できませんので 
当方の掲示板などでお知らせしよう
と 考えております。
  何かの時には お手数ですが とりあえず 
お問い合わせくださいませ。

Aurea Ovis

 営業時間 
  平日   午前10時〜午後7時       
日曜祝祭日 午前10時〜午後6時
 
 連絡先 
  240-0111 三浦郡葉山町一色857-1
              椿コーポ5号            
Ph.&fax.046-876-2538

 E-mail  be@aureaovis.com
 URL http://aureaovis.com
 携帯用  http://aureaovis.com/i/
 掲示板 http://aureaovis.com/cgibin/welcome.cgi

  



携帯用のサイトはこちら!
 
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号室
Ph.& Fax.. 046-876-2538   E-mail ; be@aureaovis.com