J's Sweets !
わたしのすきなもの

Sweet 

(n.) 甘いもの デザート
種)砂糖菓子、キャンディ ー、楽しみ

ーDaily Concise よりー

Sweets  

(n.)好きなもの 好きなこと 
好きな人 何でも・・!

(a.) おいしい 甘い 楽しい

 

 クリスマスのためのメニュー 

12月のお菓子

大きな切り株のケーキ


12月のキッチンから


手前から時計回りに
ブロック肉の紅茶煮 (コールスロー添え)
マッシュポテト (グレーヴィーソースつき)
きのこのパスタ
トマトベースのスープ (かぼちゃのスターパイ)

大きな切り株のケーキ

(ケーキ 天板に一枚半でできるサイズ)

材料

卵Lサイズ  2個
薄力粉  カップ2/3
ベーキングパウダー  小さじ2/3
テンサイ糖  カップ2/3
ココアパウダー  大匙1

バター  10g
蜂蜜  大匙1弱
ミルク 大匙1弱

ミルク 50cc
バニラエッセンス

生クリーム  200cc
グラニュー糖  大匙2杯
バニラエッセンス  ラム酒  適宜

やっておくこと

小さめのボウルにバターと蜂蜜とミルクをいれ、
湯銭にして 溶かしておく。

天板に クッキングシートを敷き
オーブンを180℃に暖めておく。

ボウルに薄力粉とベーキングパウダー
ココアパウダーをいれ、
泡だて器で空気を含ませるように よくかき混ぜる。

作り方

1 卵の黄身白身を別々のボウルに入れて分け、黄身の入っているボウルに テンサイ糖の半量を入れて、空気を含ませるように よく混ぜ合わせる。

 白身は泡だて器でよくあわ立て、ボウルをひっくり返しても落ちないくらいになったら、残りのテンサイ糖を2度に分けていれ、そのたびに良くあわ立てる。

 一度 を少量入れて泡だて器で軽くかき混ぜ、次に 12を一緒にして 泡だて器で混ぜておく

4 3粉類を2度にわけて降りいれ、その都度 ゴムベラで さくさくと切り込むように混ぜる。練らない!


すこし高いところから粉を振り入れると
空気がさらに含まれるので 良いみたい・・。

 湯銭で溶かしておいたバターなどのボウルに の生地をすこし入れて しっかりお互いをなじませておき、それを4のボウルに戻しいれ、全体を 大きくざっくりと全部が良くなじむまで ゴムベラできるように混ぜる。

 用意した天板にを流しいれ、暖めておいたオーブンで13〜15分焼く。
 もし 生地が余ったら それも 同じようにして焼く。

 焼きあがったら、紙をつけたまま、ビニール袋に入れ 口を折って冷ます。乾燥を防ぎます。

8 温めたミルクバニラエッセンスをたらし、焼きあがって冷めたケーキの上全体にしみこませる。
  紙を7〜8cmくらいのテープに切って型紙とし、ケーキの上に当てて、数本切る。

9 生クリームグラニュー糖を入れてあわ立て、ケーキに塗りやすい硬さになったら、バニラエッセンスラム酒をあわせて、カットしたケーキに塗る。

10 クリームをぬった面を巻き込みながら ケーキを巻き、どんどん続けて巻いていく。その後 ケーキ型に入れ、上部にラップをかけて 冷蔵庫で冷やす。
 あるいは、アルミフォイルなどで包んで 形が崩れないように 回りを抑える。
 今回は 輪ゴムをいくつかつなげてゴムひもにし、用事でとめることをやってみた。

ゴムの最初と最後をあわせた部分に
楊枝 を通して 
軽くねじっておく

その後 ラップをして
冷蔵庫へ。

デコレーション

いろいろ
置いてみて

よさそうな
ところに 

セット。

好みの量の生クリームを側面に塗って出来上がり。


唐突に作り始めたので 何の用意もなく・・
でも ちょっとは それらしいかな・・って?

こういうケーキは あんまり飾らないほうがすきです。


カットすると縦のストライプが・・。
いろいろ 工夫できますよね。

メイキングに寄せて

 タコ氏は ”何か手伝う?” と いってはくれます。

クリスマスのものを作っているわけですから、その辺は大人になりまして、じゃ これやってみる?と お願い?したのは、残ったパイ生地の始末。

 大小の星型は遠藤の、下二つの意味不明なものはタコ氏の製作物。 あ 意味不明ではなかった・・
 左のは イチョウの葉っぱで、半月形のは 自分のシンボル タコマーク なんだそうだ・・・

 黙っていると ぽりぽり音がして、ひょっとみると 
あれ?減ってる・・・「だって、おいしいじゃん。食べちゃうね これ。」 
 
そういったら 遠藤が喜んで じゃ 食べていいよ というとでもおもったんだろうか???

 もう いい加減に食べちゃわないと・・というまで、タコマークは愛着のゆえに 残っておりました。

実は 11月にすでに フルーツケーキを焼いています
でも クリスマスの日にカットすることになっているので
それまで 内緒なんです・・ なんて

普通のケーキですけどね
ひと月だけでも 寝かせると また おいしいものです。

好きなお酒を含ませて じっくり寝かせてやりましょう。

ブロック肉の紅茶煮 
(コールスロー添え)

材料

豚のブロック 500〜600g
あら塩  小さじ1〜2
アールグレーの紅茶バッグ 4個
干しプラム  15〜6個

粉末デミグラスソース
粉末のナツメッグ少々、ホールクローブ4個
ローリエの葉 2枚

ブロック肉の紅茶煮の作り方

1 豚のブロックはネットがかけてあればそのまま、(そうでなければタコ糸でしばる)あら塩をすり込んでおく。 肉がすっかり入るくらいのなべに湯を沸かし、紅茶のバッグプラムを入れて煮る。

 紅茶の色がだいぶ出たらバッグを取り出し、1の肉を入れてことことと1時間煮る。
(真ん中をカットして煮え具合を見、まだに足りないようなら続けて15分煮る)
 なべを手で触れるくらいになるまで冷まし、薄くスライスする。

プラムソースの作り方

 ブロック煮で肉を取り出したあとのスープを漉して、プラムを裏ごしする。

2 1プラム漉したスープカップ1をなべに入れ、粉末のデミグラスソースを備え付けのスプーン1杯強、クローブナツメッグをいれ、ローリエの葉を2枚いれて、いれ、中火で煮詰める。 味を見て好みに仕上げる。

 お皿にコールスローを盛り、肉のスライスを並べ、グレイヴィーソースをかけながらいただく。

 

トマトベースのスープ 
(かぼちゃのスターパイ)

材料

薄力粉+全粒粉 あわせて150g
塩 少々 バター 50g
水 適宜

かぼちゃのペースト 120g
(大き目のビニール袋を用意しておく)

カットトマトの缶詰 1缶
ブロック肉の紅茶煮のスープ カップ1/2以外
ミルク  適宜
ブイヨンキューブ 1個を削ったもの

かぼちゃのスターパイの作り方

 ボウルに粉と塩を入れて泡だて器で攪拌し、冷たいバターを入れて、指でちぎりながら 混ぜ込んでいく。

2 かぼちゃのペーストを入れ 手でおしながら全体がまとまるようにする。まとまらないときは を少しずつ入れてまとまとめる。

3 ビニール袋に2を入れて冷蔵庫で30分寝かす。

 ビニール袋の上から麺棒などで5ミリ厚さにのし、ビニールから出して、星型に抜いていく。

 かぼちゃの種を押し付けて、クッキングペーパーをしいた天板に並べて170度のオーブンで20分やく。

トマトベースのスープの作り方

 なべにトマトの缶詰とスープとミルクをいれ、中火で煮込み、煮立ったら火を弱めてブイヨンをいれ、さらに煮込む。

 味を見て 好みに整える。

 器に注ぎ、スターパイを浮かべる。

 

マッシュポテト (グレーヴィーソースつき)

材料

ジャガイモ 4〜5個
ミックスベジタブル 適宜

バター  ジャガイモ一個に付き大匙1
ミルク 適宜
塩 こしょう  少々

ブロック煮で残したスープ
バター 大匙1
小麦粉 大匙1

マッシュポテトの作り方

1 ジャガイモはひたひたの湯で皮付きのまま茹でる。ミックスベジタブルジャガイモが茹で上がったあと、火を止めた状態の湯に入れてやわらかくする。

 茹で上がったジャガイモは皮をむいてボウルにいれ、マッシャーでつぶす。

3 2バターと塩 こしょうをいれ、硬さを見てミルクで調整する。

4 3をなべに移し 軽く火をいれて水気を飛ばす。

グレイヴィーソースの作り方

 フライパンにバターを熱し、小麦粉を振り入れて固まらないように混ぜ、すこし焦がす。

2 ブロック煮で残したスープ1に少しずつ加えて伸ばし、すこし煮たてる。

 味を見て 必要なら塩コショウなどする。

 マッシュポテトをとりわけ、それぞれソースをかけていただく。

 

きのこのパスタ

材料

パスタ  人数分
きのこ  すきなもの2〜3種類

にんにくのみじん切り  大匙1
たまねぎのスライス  二人で1/2個分

バター   ひとり大匙1

作り方

1 パスタ塩こさじ1入れたたっぷりの湯で少々硬めに茹で、カップ1ほど湯を残して ざるにあげておく。

2 フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくをいため、香りが出てきたらたまねぎを入れて透き通るまでいためる。

3 きのこは食べやすく刻んで2にいれ、よく油を絡ませるようにしていためる。

4 34のパスタを入れてざっといためたら、茹で汁を入れて全体を緩め、塩こしょうする。

5 お皿にバターを大匙1おき、その上に4のパスタをのせ、粉チーズをふっていただく。

皆様に よい クリスマス

訪れますように・・・!



携帯用のサイトはこちら!
 
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号室
Ph.& Fax.. 046-876-2538   E-mail ; be@aureaovis.com