Aurea Ovis

きょうは『金羊日』

9月

1 変わり行くことなど

2 東電、だいじょうぶか??

 

1 変わり行くことなど 
 
 この夏は・・ 
 
  ほんっとうに暑くて、まぁ 年のせい、といってしまえば それでもいいんだけれど、とにかく 年々、夏になると 当たり前のように、気力体力が落ちてきて、思考回路が たびたび ショートするのか、作動不能に陥るのか・・ なんだか 自分が 半分人間じゃないような、そんな気がしていたのだけれど、すこし 涼しくなると、なぜだか 人間ぽい自分が戻ってきて?、なにを面倒にも感じることなく、 何かやってみよう という、意欲が湧いてくる。

 そうして ようやく、暑さゆえのだらだらに 区切りをつけて、たのしくも うれしい 創作意欲に満ちた日々を迎えられる!と 思っていたのに、またぞろ 暑さが蒸し返せば、やっぱり 今日など、もう 何する気にも なりはしない。

 自分は、多分に 天候に左右される生き物のようだ。

 ・・が、おそらく それは 自然なことなのではないかと思う。

 料理などは 自分の場合、その顕著な例で、暑い時などは、食事のたびに 献立が いつまでたっても 決められずに、毎食ごとに 泣きそうなくらいに 悩みまくっては タコ氏に当りまくっていたのに、涼しくなれば 別段 どうということもなく、ごく当然のことと、冷蔵庫の中身を見回して、では 今日はこれこれにしよう と 決めて作ることができる。  涼しいとタコ氏にも 平和が訪れるのだ。

 これは まったく 不思議なこと、というか、やっぱり 単純に(な)生き物だから と 言えよう。

 近年、あちこちで、これまでは そんなもの、そこにはできはしない と 言われてきたような作物や植物が、できるようになったりしているというのを聞くと、やっぱり この国は 少々 亜熱帯に属し始めているように思ったりするのだが、今後、私たちの暮らしは、これまでとは、すこしずつ 様相を変えていくようになるのだろうと 予測している。

 自分のような、暑さに弱い人間は、無理して 今いるところに とどまることも ないだろう・・

 先の震災や、先だっての大型台風などのことを思っても、なんだか それまでの私たちの、それが当たり前と 思っていた事の変化を 余儀なくされる事象が、すこしずつ 日常を 動かしているような・・と 思う時がある。

 これまでの暮らしに 慣れてきているから、変わっていくことに戸惑いを覚えるのは当然だけど、でも そうなることが 自然の流れであるというのなら、私たちは それに きっと 慣れ親しんでいけるだろう。

 あの震災以来、自分では あるポイントが、すこし 移動したようにかんじている。そして それは 自分の中で おこったのではなく、この自分を取り巻く自然世界にそれが起こったから、自分のポイントが 移動したのだろうと 推測している。

 ことの良い悪いではなく、それが きっと 私たちのこれからの道を 拓くような・・、ちょっと 大げさに言えば、新時代が 始まるような・・、今 わたしたちは そう言う処に いるのではないか・・と、そんな気が してならないのだ。

 

2 東電!だいじょうぶか??

  タイトルの??は 決して 心配して行っている言い方ではないことを、ご承知ください。

 えー・・ ちょっと 下種な言い方ですが・・ この?? の発音の仕方は
ちょっとー、何考えてんのよー!どうかしてんじゃないの?!=馬鹿じゃないの!。。 という ニュアンスで お読み下さい。

 以下、鎌田實氏のブログより。

  2011年9月23日 (金) 原発事故341

東京電力が電気料金の約15%の値上げを検討しているという。
許せないなと思う。

電気料金は、総括原価方式という方法で決められている。
人件費や燃料費、修繕費などの費用を積み上げるまではまあまあ当たり前であるが、最大のからくりは発電所などの総資産額に3%程度の報酬率をかけて算出していることである。
必ずマージンを3%とるというも許せないが、人件費や燃料費ではなく、総資産額に3%をかけるというのがまったく納得いかない。
当然、今後の賠償費用も総括原価に含まれることになる。

東京電力がミスをしても、焼け太りで利益があがるというのは、納得いかない。
事業報酬の利潤を3%上乗せすることだけでなく、全体の原価に対しても厳しくメスを入れる必要があると思う。

民主党はこれをやらなければ国民の信頼は得られない。
国民も、政府の手腕を厳しくみていく必要がある。

 一体 どんな頭の構造をしてる 連中なんだか・・、東電は。。!

 ほんっとに わかんない。

 膨大な不安と危険と 遠い将来にわたって、多くの生命や生活を脅かし、壊し、永き苦しみを いきなり押し付け・・・ もう 書いてると制限なく出てくる、そんな諸々の負のあれこれを、「自分たち」がやってしまった!ことを認めるのにも ぐずぐずしていた挙句、ようやく それを認めたと思ったら、今度は その対策にも さらに愚図づく!

 誠心誠意、あるったけを持ち出して 保障などに努めるのが当然なのに、そんなこと 誰も考えず・・、自分らの為を まず 先にとっておいて・・・、なんてやり方を「検出する」などというなんて・・!

 もう わけがわからん!

『最大のからくりは発電所などの総資産額に3%程度の報酬率をかけて算出していることである。
必ずマージンを3%とるというも許せないが、人件費や燃料費ではなく、総資産額に3%をかけるというのがまったく納得いかない。
当然、今後の賠償費用も総括原価に含まれることになる。』

 当然、今後の賠償費用!も 総括原価に含まれることになる。

 ・・!! ??? はあ〜?? なんですか、それ??   ですね。

 あきれかえっちゃって、ばかばかしくて どうしようもありませんわ。。

 どこをどうやったら そんなふうにかんがえられるんでしょうねー???

 ポン吉には わかりません。

 自分で作ったものが、手に負えない状態になって ぶっ壊れて、ひどいことになって、その結果、そこから、以後 永きにわたって 甚大な被害を与え続ける汚染物を撒き散らしてるってのが、周知の事実というのに、
 
 ちょっと まずっちゃいました→じぶんがいけないんじゃなくて・・→ああ そうですね、やっぱり 自分がいけませんでした→なんとかします→いろいろやってるんだけど なかなか うまくいかなくて・・→ 善処します→つきましては、今後のよりよい対応の為にも 必要な物を確保すべく、こういう風に計算して、こうなったので、高くなりますが、支払ってください・・ ってなことでしょ?

 ポン吉、頭から 湯気が出ております。

 こういう輩が いっちばん でーっきらいです!

 ほんっとに、やる気なんでしょうか・・ね。

 電気代、あがっての明細書がきたら、当然のように だれでもが払うって 思ってるんですね、だって 電気の無い生活なんて できないじゃない、そうでしょ?って いうわけでしょう。

 いいですか?これも 困っている人達への対策のひとつなんです、協力して下しさい。そうしてくれないと、保障ができなくなっちゃうんですよ、と 後で舌出しながら 懇願めいた言い方するんでしょうね。

 その 困っている人達を生み出したのは、だれでもない 手前らだろうが!と ポン吉は 言っちゃうと思います。

 鎌田さんのように 品良く、気高く 怒らないといけないのですが、つい 地が出てしまって・・、ま 腹が立てば いつものことではありますが。

 

 それにしても やることが えげつない。とても 人としての品性のかけらも 見出せないやり方です。 

 そんな連中の作り出している、電力に頼って、我々 生きてるんだもんなー・・

 あー・・ やになる・・、 なんとも悲しい現実ではあります。

 

 さ、なんとか考えよう、このままで 済ませてはいけませんね。
たいした策もないとはおもうけれど、きっと 道は 見つかると思うのです。

 誰にだって 豊かに 心静かに生きる権利はありますからね、十分 平和な日々を、努めて 手に入れていかなくては・・! と 今 思っています。

 

 それにして、こんなこと 平気で やり続けて・・ 東電、ほんと だいじょうぶか??

 この??には 心から心配しての ほんとに平気〜?という ニュアンスをこめてお読み下さい。

 

 

前ページ  次ページ

 



携帯用のサイトはこちら!
 
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号室
Ph.& Fax.. 046-876-2538   E-mail ; be@aureaovis.com