きょうは 金羊日

1月

 

1 繰り返す「かつて」

2 2014年 東京都知事選

3 冬の朝に

 

1 繰り返す「かつて」

 『昭和七年三月五日の朝、三井合名理事長団琢磨が、東京日本橋の三井銀行前で暴力団の一人に殺された。

 折から上海には日本陸戦隊が上陸し、中国軍と交戦していた。日本が世界の唾を受けながら、シナ大陸の広漠とした泥濘に転倒する序章が、すでに始まっていたわけだが、それとも知らず、軍部はようやく驕慢げな跫音を高らかに立てて日本をはいかいし、それに黴のように付着した右翼の妖怪がかってに彷徨し始めていたのだった。』

 上記は、昭和33年5月に「週刊朝日」に掲載された 松本清張氏の「額と歯」の冒頭部分からの抜書きです。(細かにルビもふってあるのですが、それは割愛しました。)

 この、当時の社会状況描写のあと、おどろおどろしい殺人事件へと話は進められるのですが、当方、先の文を読んだとたん、おや・・どこかで似たような・・?と。

 実際の昭和七年三月のその事件は、後に血盟団事件と名づけられ記録されるのですが、wikipediaによりますと、主謀者の当時日蓮宗僧侶であった井上日召という人物が、『政党政治家・財閥重鎮及び特権階級など20余名を、「ただ私利私欲のみに没頭し国防を軽視し国利民福を思わない極悪人」と名指ししてその暗殺を企て、配下の血盟団メンバーに対し「一人一殺」「一殺多生」を指令した。』ことにより、起こったと記載しています。

 その結果、昭和七年の二月、当時前大蔵大臣で民政党幹事長の井上準之助が、小沼正という人物に殺され、小沼はその場で逮捕。 
 続いて、翌3月5日に、先の団琢磨が菱沼五郎なる人物に射殺された、と。

 菱沼もその場で逮捕され、その後、その2件の殺人事件が血盟団の組織的犯行と突き止めた当時の警察は、同月11日に首謀者の井上日召の自首を受けて、関係者14名を一斉に逮捕した、となっています。

 この事件は、昭和7年に起こっているのですが、その後の裁判で、井上、小沼、菱沼の三名は、無期懲役刑になったにもかかわらず、昭和15年には恩赦により出獄し(人を殺しておいて恩赦って・・!)戦後もそれぞれに右翼として活動していたようですが、当時意を同じくした14名の中の一人、四元義隆という者について、wikipediaでは このように記しています。

 「四元は、出獄すると井上日召らと共に近衛文麿の勉強会に参画、近衛文麿の書生や鈴木貫太郎首相秘書を務めた。1948年(昭和23年)の農場経営を経て、1955年(昭和30年)より田中清玄の後継で三幸建設工業社長に就任(2000年 - 2003年会長)。この間、戦後政界の黒幕的な存在として知られ、歴代総理、特に細川護煕政権では「陰の指南役」と噂された。2004年(平成16年)6月28日老衰のため死亡する。享年96。」

 歴代総理、特に細川護熙政権では「影の指南役」・・、で、平成26年1月現在、細川護熙氏は、東京都知事選に名乗りを上げています。

 いろいろ、思うところはありますが、それはそれとして、松本清張氏の「額と歯」は、事件の詳細を握った新聞記者らが、他社を出し抜いて号外を出すにいたるまでの何時間かの様子や、ようやくゲラを印刷に出して部屋の全員が大安堵のうちに祝杯を挙げるまでを 熱を帯びた疾走感を持って描写した後、最後をこのようにしめています。

 『悲劇が絶えず同じ時間にどこかで起こっていることを知ってはいるが、幸いに人の意識は現在身体を置いている手近い位置にしか定着していない。―現に、整理部の机に投げ出され同じ日付の一面のゲラは、日本を世界から孤立させるため、代表松岡洋右がジュネーブに出発した活字をならべていた。』

 大体が、推理物は 何しろ勘が鈍いので、なかなか読むというだけでも、状況の把握にいちいち苦労する自分なのですが、今回、ブックオフで 推理もの大好きの娘が200円で購入してきた 角川文庫版の松本清張著「失踪の果てに」の第二話にあたる「額と歯」は、ストーリーとしての事件もですが、その冒頭と終盤それぞれの数行の社会情勢を、この今現在のそれと、かなり酷似しているように思ったのは、自分だけなのだろうか。。と。

 気がついたら、大きな黒いうねりの中に飲み込まれていた、というのもありえますが、あるいは、我々は すでにそのうねりの中に居て、手も足も出す間も得られぬまま、行方の知れているうねりの先へと、まるで何かに連行されるがごとくあるのかもしれません。。

 さて、我々は、何を持ってそれらに抗い、懐古に酔う輩の悪行の数々をいなして行けるものなのか、そんなことを 考えてしまった本を 先ごろ読んだのでした。

 

 

2 2014年 東京都知事選

  2月9日の日曜日に 予定されている東京都知事選。

 そんなこととは 無関係のところで、あれこれいったところで、、というのもあるのですが、各報道によりますと、1月最終週現在、M氏、H氏、U氏各氏の順が、当選に近い順番なんだそうで・・

 投票権のないものには どうしようもないのだけれど、M氏、H氏のご両名には、ぜひとも、落選していただきたく、熱望するところではあります。

 M氏にいたっては、これは 調べればすぐにわかる とんでもないことどもも多く、どうして それでありながら、都知事などに立候補し、またそれを選ぼうというのか、それが どうにも 理解できずにいます。

 多々あるM氏の問題のなかでも、本人が別々の人たちとの間に儲けた5人の子供たちそれぞれへの、どうにも仕様のないほどの無責任さだけを考えても、個人的には、どうしても嫌悪感ばかりが先になってしまうため、ひょっとして良いところというのがあったとしても、そういう人物を都知事に選ぼうというのなら、選ぶ側の良識、品性を、嘆かわしく思いつつ、あきれるばかりです。

 H氏などは、、もう 担がれて出てきたというだけのことで、本人には 何の政策方針を打ち出すこともできないわけで・・、まぁ H氏を擁立したわけは、よく言うことを聞いて、意のままに操れる傀儡になってくれるからと盛り立てている輩とそのお仲間たちの都合であるというのは、わかりきったことですけれど。

 他ににも、あらら・・というような面々が名を連ねていますが、たとえば、戦争体験もないのに、自分はその対象から外れるからなのでしょうけれど、かなり安易に集団的自衛権やら若者の徴兵制を臆面もなく言い放つ元航空幕僚長のT氏とか、トップよりはブレインのほうが、のIT関連の人とか、発明ですか・・なんてのとか。。もっといっぱい。。 その中の誰がなっても、日本の大火傷になりそうです。

 一人だけ、聞いていると、うなずけることの多いU氏がいますが、なにせ、こちらには選挙することの権利が今回はないのですから、ただ みているばかりではあります。

 さて、どうなっていくのやら・・、80%のあきらめと、10%のあわ〜い期待、残り10%に、頼むから 引っ掻き回すだけ騒いだ挙句、苦しい立場の人たちを さらに苦しめるような役立たずを選んでくれるなとの切なる祈りをこめて・・、見ていくつもりです。

 

 

3 冬の朝に

 洗濯物に 茶毒蛾のなんだかがつくかも、というので、昨年の夏の終わりに あっさりばっさり刈られてしまった 当小庭の椿たちではありました。

 それからは それは見通しの良いことこの上なく。。結果、この時季にはありがたくも貴重な日差しを、カーテンでさえぎらねばならないほど、たっぷりといただけています。

 あれだけ すっぱりとやられてしまったというのに件の椿たち、ふと気づけば低い位置に それなりの赤い花を咲かせてメジロ夫妻の食卓にもなり、またよく見れば 日の当たる側には咲き時を待つ 丸く膨らんだつぼみをいくつもつけています。

 通い猫の軽食が終わって、その出かける先を見やれば、手前には 黄色い水仙の群れ、その向こうは満開の白梅。裏の小山のみかんも鈴なりで、暖かな日差しを喜んでいるかのようです。

 なんの音も聞こえない、光あふれる静かな冬の葉山の一角。

 ふと 目を上げれば、真っ青な高い空に 白い二本の尾を長く引いて、銀色の飛行l機が 音もなく みるみる遠くなっていくのが見えました。

 

前ページ  次ページ

 



携帯用のサイトはこちら!
 
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号室
Ph.& Fax.. 046-876-2538   E-mail ; be@aureaovis.com