12月のお話し  「乞食」

 


 その夜は
 ずいぶんと冷え込んで 友人とかなりの時間 飲み交わして 大分いい気持ちになった私は、人通りの途絶えた真冬の夜中に 雪の降りしきる道を踏みしめながら 自宅へと向かっていた。

 いくらも行かないうちに 薄ぼんやりした街灯の明かりの中の雪だまりの中に 人影を認め、こんなに寒い雪の夜中に 一体 どんなヤツが 何をしようとしているのか・・ と 不審に思い、すこし遠巻きにして やり過ごそうとした。

 ところが 私がそばを通り過ぎようとしたとき、その人影はゆらりと動き、その死んだ魚のようなうつろな目をこちらに向けながら、ゆっくりと手を差し伸べてきた。
 
  「物乞いか・・。それにしても 汚いやつだ。」 そう思って 無難に通り過ぎるために、私は 外套のポケットを探ったが、どうしたことか 札入れがない。

 男は、汚れてそのまま固まったような、なんとも 惨めな格好をし、寒さに震える剥き出しの手は 殆ど血の気のない色をし、そして 何か言いた気に凍りついたような口元は、しばらくの間声を絞り出す事もなかったかのように、いたずらに、ぎこちなく単純な動きを繰りかえしていた。

 そんな男を見ているうちに、こんな雪の夜に なんとも気の毒なことだと思った私は、小銭でも何かの足しにはなるだろうと、外套のポケットを探ったが、今夜に限って まったく小銭一枚探り当てられない。 私は あわてて外套の前を開き きている物のポケットというポケットを探った。
 果たして 手にふれた物は 汗や手を拭いたハンカチ一枚きりだった。

 私は たった一つの持ち物であるそのハンカチを 申しわけない思いで 握り締め、こんなもので この男が満足するはずもない 一体どうしたものか・・ と 途方にくれてしまった・・

 「おめぐみを・・。だんな お恵みを・・。」
男は そういいながら 私に近づいてくる。その危なげな足取りや 近づくにつれて 臭ってくる体臭、明かりの中で 今まで見えにくかった 男の様子などを見て、私は はじめに さっさとやり過ごさなかったことを後悔した。

 雪にまみれながら この男はずいぶんと長い時間を、こうして人の通るのを待っていたのだろう。
 しかし 出会った男は 彼にとって 何の暖かさももたらさない自分だったのだ・・。

 そう思うと 私は、無性に 彼が気の毒になって、持っていたハンカチを持ったまま、彼の 空に泳ぐ力失せた手を、見事に汚れ切った黒い汚い手を、思わず握り締めてしまった。

 男は大層驚いて、一体なにが起こったのか というような表情をし、ことを理解するまでの 短い時間を 目をしばたたかせ 口をあんぐりとしたままでいた。

 雪は ますます降りしきり、立ちっ放しの体の芯にまで 冷たさがしみこんでくる。

 突然、男が慌てたように私の手を振りほどこうとした時、私は 思わず叫んでいた。
 「すまない。兄弟! 本当に これしかないんだ。」

 なぜ そういったのか 自分でも 全く思いもよらなかった。
だが、彼は確かに人間で、それも私と同じくらいの年恰好で、たまたま何の故にか、今の境遇になったのだ。 もしかしたら 彼は、私だったかもしれないのだ。
 ほんの短い時間にそう思ったとたん、私は男の手を握り締め、あの言葉を叫んでいた・・

 男の、冷たい手の感触が伝わってくる。彼には 私の温もりが 伝わっているのだろうか・・・

 いつの間にやら男は手を解き、あまりにも穏やかな顔つきで私をじっと見つめて立っていた。私は 少々たじろいだ思いで 彼から離れた。

 すると 彼は 酷く遠慮がちに そっと私の腕に触れて、言った。
「ありがとう だんな。充分でさぁ。この俺を 兄弟といって 手を握ってくれたんだ。ほんとに・・それで充分だ。」

 そして かすかな微笑を残して 灯りを抜け、降りしきる雪がその闇さえも覆い尽くすような寒さの中を、私に背を向けて いってしまった・・。

 私は 薄ぼけた街灯の中に ただ 呆然と立ち尽くすばかりだった。

 

 このお話は ご存知でしたか?

本当のお話をご存知のかた 勘弁してください。本当は ちゃんと もう一度読んでから とは 思ったんです。
でも この間 下の息子に 今度の月のお話のことを聞かれて こういう話知ってる? ということで 話してみたところ 大変 感銘を受けた様子だったんですね。

 それに 今日は 本当は こういうことをする予定ではなかったんですけど、お客様のご来店が遅れているので、時間があるから と 書いてみたわけなんですけれど、おそらく 本を読むのとは違って もう 私の中のストーリーとして この形が出来上がってしまっているんだと思ったんです。 調べました、ツルゲーネフの作ですね。

 しかし いかがですか・・? こういうお話は。
しばらく前から クリスマスには この話を書こう と 思っていたんです。

 クリスマス用の話ではないと思いましたが、とにかく ものすごい短編で、B5版くらいの本の見開き1/4ページ程度のものだったと思います。
 
  これを 初めて読んだ時の感銘は 忘れられません。

 空気の冷たさ、闇の暗さ、明かりのおぼつかなさ、なんとなく どこからともなく くさい匂いがしてきそうな表現、何かを感じて いきなりあせって どうにも気分的に 落ち着かなくなってしまう気持ち、今 手に感じたかのような まるで冷えた物体のような手のありよう・・

 そんなものが やけにリアルに 読んでいる自分に起こったような気がしたものです。

 彼は 私だったかもしれないのだ・・ 
 そう思える主人公の心のあり方に 喉の奥が ちょっと 痛くなりました。
 
  彼は 私だったかもしれない・・
 そう かれは 明らかに 私と同じ人間なのだ。人は その外見から 相手を判断しやすいですよね。
 彼のように 見るからに 出来ることなら知らないでいたかったと思えるような人に対して そう思うことすら、先ず今のわたしには ないでしょうね・・ さびしことです。

 現実的なことは わかりませんし 知りません。ただ この話は 人を平等に遇する ということを語っていると思います。

 彼は 私だったかもしれないのだ。 これが 実行を伴うに必要なキーポイント なんでしょう。

 (余談ですが・・ もし 塀の中や柵の中で こういう考え、思い方をするひとがいたら、この一見先進国、しかし その実態は 未だに 未成熟にして 未発達な精神構造の人間達の多い我らが日本で、人としての当たり前の知性のかけらもないやからのする 野蛮人的な おぞましい限りの 残虐な暴行や、汚辱にまみれて腐敗し ぶよぶよしたまま ただ垂れ流すばかりの脳みそからにじみ出る、無価値にしてくだらない 傲慢な私的制裁などで 人を何の理由もなしに苦しんめたり はては 死に至らしめるなどという 実に腹立たしく 許しがたい 低劣なことは なかったかもしれないと 思ったしだいです。)

 それにしてもこの話の中の二人は、作られた人物達ではありますが 双方ともたいした精神の持ち主ですね。 私はこんな風に 最後まで人でありたいと 思ってしまったくらいです。 

  クリスマスにあたって 自身へのメッセージもこめて このお話を
あなたに 送ります。

 良いクリスマスを・・・!

 

 お話 バックナンバー



携帯用のサイトはこちら!
 
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号室
Ph.& Fax.. 046-876-2538   E-mail ; be@aureaovis.com