3月のお話  かえるの恩返し

 

  昔 あるところに おばあさんと美しい娘が仲良く暮らしていました。

 ある日、おばあさんが町に買い物に出かけたのですが、田んぼのあぜ道を歩いているときに ちょうど 蛇がかえるを飲み込もうとしているところにでくわしました。

 「これこれ、蛇や。なんてことをするんだね。こんなちいさなかえるを飲み込んだところで 腹の足しにもなるまいに。なにがほしいか? ほしいものがあればやるから、かえるを逃してやりや。」

 そういうおばあさんに、蛇は それなら と おばあさんの美しい娘を嫁にくれと言い出しました。
 おばあさんは まぁ 蛇の言うことだし、かえるが助かるなら と 思い、
「ああ、いいともさ。だから さぁ かえるを逃がしてやるんだよ。」 と 言いました。

  おばあさんは 家に帰るころには そんなこと、すっかり忘れてしまっていました。
 ところが、その年の秋になると、若い侍が 毎晩のように娘を訪ねてやってきては、夜遅くまで 娘と楽しげに過ごすようになったのです。

 そんなある日のこと。
ひとりの易者が おばあさんと娘の家の前を通りかかり、なにやら 神妙な顔つきで家を眺めているものですから、おばあさんはきになって 一体 なにをしているのかと 聞きました。

 易者は この家には なんともおかしなものの気配がする、何か近頃 変ったことはなかったか とたずねるので、おばあさんは はたと手を打って、実は 少し前から 娘のところへ 見知らぬ若い侍が 毎晩たずねてくるのだが・・と 言いました。
  そして 前々から どうにも 気になってたまらないので、ここはひとつ、今晩も来るであろう その侍を見て 占ってはもらえまいか と 頼みました。

 その晩、いつものように 侍が娘のところへ来ると、ふすまの隙間をあけて 中をのぞいた易者は やっぱり というような顔をして おばあさんに言いました。

 「あれは 蛇ですぞ。蛇が若侍に化けておるのじゃ。このまま ほうっておけば、娘さんは 命をなくしましょうぞ。ここは 娘さんに 本当のことを話して、裏山の松の木にある 鷲の巣の中の卵を とってこさせて、娘さんに食べさせてほしいと 言わせるがよろしい。」

 おばあさんは もう びっくり。うっかり 気休めに蛇に言った言葉が 娘の命に関わることになろうとは! 

 易者が帰ると おばあさんは 娘を呼び、聞いたことを話しました。
驚いた娘は 実は 自分も ずっと なんとなく おかしいと思っていたといい、部屋に戻ると 侍に 言いました。

 「このところ 体がだるくてたまらないときがあります。裏山の松の木に 鷲が巣を掛けているのですが、その中にある卵を とってきて 私に 食べさせてくださいさいな。」

 「ああ、いいとも。明日持ってきてやろう。」と 侍は言いました。

 そこで 次の日、蛇は侍の格好で 裏山へ行き、鷲が出かけていなくなっているその巣を見つけると すぐに 木によじ登り始めました。

 ところが 木が思った以上に高いので いつの間にか 侍は蛇の姿になって するすると 登ってしまっていました。そして ようやくすにたどり着いて 大きな卵を 人のみにし始めたとき・・!

 そこへ 親鷲が 戻ってきて、大事な卵を盗む 悪い蛇とばかりに、鋭いくちばしで 散々につついたものですから、ついに 蛇は 頭を食いちぎられ、血だらけになって 地面に落ちてしまいました。

 そのころ、おばあさんの家に あの易者が訪ねてきて こんなことを言いました。

 「私は いつぞや 田んぼの中で 蛇ににらまれ 今にも食べられそうになって 動けずにいたところを、おばあさんに助けられたかえるでございます。
 その節は 本当にありがとうございました。

 娘さんの体には まだ あの蛇の毒が残っています。これから 毎年 三月三日の節句の日には お酒に桃の花びらを浮かべて 飲むようにしてください。
 そうすれば 蛇の毒は消えますし、それだけでなく 体に溜まった どんな毒でもすっかり消えてしまって、ますますきれいになっていくでしょう。」

 そういうと 易者は すうっと消えて、あとには ちいさなかえるが おばあさんを見上げていました。

 おばあさんは かえるにありがとうよ と なんども お礼を言いましたが、かえるは 庭の草むらの陰に ぴょんと 入って見えなくなってしまいました。

 桃の節句で お酒の中に桃の花びらを浮かべて飲むというのは ここから始まったことだということです。

 

 このお話は ご存知でしたか?

 私は 最近知った話です。これも 恩返しもの。よくあるお話ではあります。

 お酒に桃の花びらを浮かべてのむなんて 風流なこと と 思いますが、そんな意味もあったんですねー。知りませんでした。 事実は如何に などと 野暮なことは問いません。

 実は 最近 こんなことも 聞いたのです。
連れ合い氏の知り合いの話ですと、たぬきというのは 本当にかかった罠から逃がしてやると 振り返って頭を下げ、それを 数度くりかえして 山に帰っていく というのですねー。これは びっくり! でも なんか やっぱりって感じがしました。

 かえるさんが そういうことをしたのかどうか そのあたりは 知りませんし、自分の知っているかぎり いままで そういうかえるさんにであったことは ・・ ないのですが、それでも、やっぱり なにか そう思わせるような そんなしぐさというか、なにかあったのかもしれませんね。

 さて、どんなことでも うっかり安請け合いをするものではないですね。
肝に銘じておきましょう。 

 ・・ って そういう話なのかしら・・?

 あなたは どうおもいますか? 


お話のインデックス



携帯用のサイトはこちら!
 
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号室
Ph.& Fax.. 046-876-2538   E-mail ; be@aureaovis.com