シンデレラコーナー 

No.29   Ms.Kitta

難しい色を使いこなす

『お誕生日プレゼントチケット』のご利用で・・

 

 お写真を見て 見覚えのある方 おいででしょう。
  No.19「ウェディングのためのレッスン」のMs.Nomuraは 現在 Ms.Kittaとして やさしいご主人と一緒に まだまだほやほやの新婚生活を楽しんでおられます。

 今回は お誕生日月のご利用ということで『お誕生日プレゼントチケット』をご利用になりつつ、毎日 多忙を極めるご主人様と ちょっと遠出をしつつ 海や山をご覧になられに、埼玉のほうが都心より近いという東京の一角から 逗子まで 車でお越しくださいました。(これが 電車よりずっと早いのです・・)

 
Mr.Kitta                  Mrs.Kitta

先ずは お茶をどうぞ・・
今日のお茶は 最近こちらで好評のバニラティー
”夫婦って なんで どことなくにてくるんでしょうね〜・・?”

この日は とてもよいお天気だったので 
普段 日の光を浴びて 日中 外を歩くことの少ない ご主人様は 
この後 久木大池公園まで お散歩に・・


ゆっくりとエステを堪能なさって お肌が柔らかく「プルプル」になったところで
お持ちくださった”使いこなせない”という色でのメイクアップが始まりました。

レ・キャトル・オンブル74 
ニンフェア

綺麗な色たちですよね。
これを どこにどうやれば
いいのか と おっしゃるので
やってみました。 

日差しを感じる
明るい”春のメイク”

しましょう。

 ◇メイクアップ・プロセス◇

 ・ファンデーション
 普段使いのメイクということと、久しぶりのエステで お肌がよく呼吸しているので ファンデーションも かるく あっさりしたものにします。
1 つけるとさらりとした感触のメイクアップ下地をお顔全体に薄く延ばし、目の周りのみにクリームタイプのファンデーションを ごく少量 なじませます。その後 フェイスアップパウダーをつけて ブラシで軽く余分な粉を払います。
 パウダーファンデーションをブラシにとり、目元と頬を中心に お顔全体に下から円を描くようにして 全体につけていき、軽くパフで押さえた後、ブラシで艶を出すために余分な粉毛を払い落とします。 

・アイメイク
 上の写真の左下の色を平筆にとり、眉下からアイホールにむかって載せていきます。目頭と眉頭の間や目尻の下まぶたにも 軽く色を入れておきます。

 写真右下のピンク形の色をアイシャドウブラシにとり、目頭付近からまぶたの中央に向かって大まかに色をぬります。その後 写真の右上のグリーン系をシャドウブラシなどにとり、目尻とまぶた中央の中間あたりから 左右に筆を動かして色をのせます。

 最後に 左上の茶系をアイライナーブラシにとり、まつげの間を埋めるようなつもりで 目の形に添って ラインを入れます。下のほうも 目尻より5ミリ程度内側くらいまで おなじ色をいれておきます。 眉にもかるく同じ色を入れておきましょう。

 ケーキアイブロウ赤みのあるブラウンで 形を整えるていどにあっさりと描きます。
5 マツゲをカールさせ、ダークグリーンのマスカラを きちんと塗ります。


 綺麗な仕上がりですね。

 色そのものが ふんわりした感覚の綺麗な色ですから あまりあれこれいじらないで 色を楽しむようなつもりでメイクされると良いでしょう。

 


 ・チーク
 あまりチークらしくチークを入れたくないので、遠藤のお気に入りのフューシャピンクの練のチークを指の腹に取り、目元と鼻まわり、口元から下を避けて 幅広く ごくあっさりと 温かみを感じさせる程度に さらっと入れます。

 ・リップ
 口紅は 艶感のあるベージュの入ったコーラルピンク。 ふっくりと 丸みを持たせた輪郭は あまりにくっきりとは描かずに ふわっとさせます。 かわいらしいですね。

 柔らかな春の光を感じさせる明るいメイクになりました。

 

 メイクが終わるころ 戻られたご主人様の手には 大きな春の花のブーケが・・!

 小さな声で 「誕生日だから。。」と 照れくさそうにおっしゃって 奥様にお渡しになられました。
 

 後日 連れ合いのたこ氏にはなしましたら 特に何の気もなさそうに”ふぅ〜ん”というだけで・・ 分かってはいましたが ちょっと・・ね〜。
 私も「あら〜いいなー」と 思ってしまったことのほうがおおきくて この編集をしている時に あ そういえば ブーケを入れて お二人の写真をいただけば良かった・・!なんて ものすごい遅まきの後悔をしたものです。

 店頭で見かけ、気を惹かれたメイク物なのに うまく自分で使いこなせないのは なんとも歯がゆく ちょっと哀しくさえあるものです。
 でも こういうチャンスに 是非 おもちください。きっと ご自分の勘を信じたことを 喜べるようになることと思いますよ。

 まだ これから結婚して一年目 というおふたり・・。
春の花束を抱え、楽しそうに 車に乗り込まれたMs.Kittaとそのご主人様の毎日が、たくさんの小さな幸せの積まれた、大きな喜びの日々になりますように・・!! 

 



携帯用のサイトはこちら!
 
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号室
Ph.& Fax.. 046-876-2538   E-mail ; be@aureaovis.com