make-up diary of natural colors



たびたびの雨で 湿気を含んだ地面に 
アジサイの花が身をかがめるようにして 顔を近づけている

その水気を吸って 深く呼吸するような茶色には
鮮やかな花色を 思う様に咲かせるような
母性のおおらかさを感じる 

あんなふうな大地の息遣いを 
年齢を重ねると 沈みがちにみえてしまう ブラウンを使って
温かみのある 自然なメイクにしてみたい と 思った・・


 ◎ ファンデーション
  たとえ湿気の多い日でも どこに空調のわながあるかもしれません。
  スキンケアは できるだけ 手を抜かずに 水分 脂分の補給は 欠かさないようにしましょう。

 1 汗をかきやすい人や化粧崩れの激しいときは スキンケアのあと オイルコントロールできるフェイスアップパウダーを Tゾーンを中心に まず 抑えるようにして 使います

 2 軽くフェイスブラシで払った後 夏用でさっぱりしたタイプの日焼け止め効果のある化粧下地を 額 鼻筋 頬骨を意識して 顔全体に丁寧に薄く塗ります

 3 リキッド状のファンデーションを 両目の下に少量 おき、軽くたたくようにして 外へ広げます。

  フェイスアップパウダーを 顔全体に 毛並みに逆らうようにして付け、大き目のフェイスブラシで 余分な粉を払います

 5 パウダーファンデーションをブラシに軽くとり、お顔全体に軽く払いつけていきます

  
◎ アイメイク
 1 ダークブラウンのアイライナー
で 上のまぶたのまつげの際のみに   アイラインを入れる

  アイホール内に ベースメイクのつもりで 白っぽいピンクのパウダーアイシャドウを 広めのアイシャドウブラシで丁寧に刷く

 3 レンガ色のような赤茶色のパウダーアイシャドウをシャドウブラシで 目じり側から アイホール中央まで乗せる

 4 同じブラウンを したまつげの際に細いブラシでラインとして入れ、その上を プラムレッドのニュアンスカラーペンシルで 目じり側から中央に向かってラインの強調をする

  眉下からアイホールにかけては  スキンベージュのシャドウを軽く 乗せておく

 6 目頭側からは 白の勝ったピンクのパウダーアイシャドウを 先のブラウンにフェイドインさせる

  の色に茶を足して ダブルライン部分のまぶた中央あたりまで 目じり側を強めにして入れる

  先の細いシャドウブラシで 上下のアイラインをなぞって ぼかしなじませる
   インラインは ピンクベージュ


  に使う パウダーアイブロウの濃い目の茶で 上のアイラインの上をなぞって強調させる

10 まつげをカールさせて ブラウンのマスカラを 上下に丁寧につける


  茶系のアイメイクというと 一般に 疲れて見える、くまのようにみえる というイメージがあって、そう見せないためには 肌のきれいさが とくに ブラウンメイクの美しさの決め手になるということは 周知の事実です。

 人の肌に近い色ですから グラデーション、近似色などを上手に加味して できるだけ自然に 肌に溶け込みつつ ラインを際立たせて ボケたメイクにならないよう 工夫してみてくださいね

11 チークは オレンジ系にファンデーションを混ぜて肌なじみよく淡くし 頬骨を中心に丸く入れる

12 口紅スキンベージュのグロスリップを ブラウンレッドで描いたの輪郭の中にあっさりと入れる

 ◎ 眉
 ケーキアイブロウの赤めの茶色で 先に 色付けしておき、アイブロウペンシルのダークブラウン あまりセクシーになりすぎないよう気持ち太めに おだやかなまるみをもたせて 形を整える。最後にアイブロウブラシ、シャドウブラシなどで 先の色とを混ぜるように なじませる


 茶色 というと 秋のイメージ ごくナチュラル
また ゴールド系の時などのワイルドな感じなど
少々 派手めなメイクという印象もあるようですが


このように ピンクの濃淡などを 上手にほんの少しだけ加えたりすることで 
落ち着いた 包容力を感じる 自然なイメージを作ることができます。 

お試しくださいね



携帯用のサイトはこちら!
 
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号室
Ph.& Fax.. 046-876-2538   E-mail ; be@aureaovis.com