2002年9月5日発行      ひつじ小屋だより 24        発行人 遠藤由美子   

 も く じ      8月の B―Note より

              ひつじの メイクアップ ミニセミナー (この秋らしい アイメイク)

              from Question Box of Aurea Ovis

 
              ケンとメリー 『 ある残暑の日の 怪・・物? 』

              編集後記 ; ご報告 & Aurea Ovis 9月のお休み日 



(掌以内のサイズのミニ薔薇) 


(台風のストレスで一時彼果てたにもかかわらず
元気を回復。見事に緑を茂らせて 私の大好きな
黄色い花まで咲かせた 立派な?薔薇)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 あの 峻烈な光りと爆風にあおられたという 自らの記憶にないころの 
私にもあったというあの 過去は、私に なにを残したのだろう・・?
三度死にそこね、それでも ここまで続いている 自分のこの生は
いったい なにによるもので なにをもくろまれてのことなのだろう・・?

人の目に いかに喜びの少ない 苦汁に満ちたこれまでであったとしても
見てごらん、私はこんなに幸いだ・・お前たちを頂いて 私の命は豊かになっていった

今の私の この幸いは 生きることの勢いを得てこそ 手にした
新しく生まれ これからを生きようとする 力、 そして 大切なもう一つの命。
この幸いは お前達とともに過ごしてきた時間の流れがなければ 無かったもの。

――――――――――――――――――――――――

母よ 未来を産むものよ! 
生きることを 喜び、命在ることを 楽しもうとすることの出来る 豊かな存在 母よ
 
その生を謳歌し、その時にあって迎えざるを得ないあらゆるものを 包み込み 
胸に収めて 時を刻める 母なる者よ

その命の 必ず豊かで喜びに溢れたものであるを信じて疑わぬ 
勇気あるもの 母よ

この日こそが 母の日

生と死を 両手に抱いて それでも 未来を望む、
 慈しみと愛を知り 愚かなほどに それをはぐくめる女達、 母達よ

そう この日こそが母の日、
そして この日こそが 母の"女性"を讃える日 

(2002/8/15の B-Note からの一部抜粋)

B-Note

B=H♭ ; B=美
    B=子供の自然な基調音 & 遠藤が構えずに声を出すときのキー音、
Note=音;記録;書き記す;遠藤がおもいつくまま書き残していくもの・・・

B-Note= "美しいもの"の記録  

B-Note=Aurea Ovisホームページに2002/8/12より始まった 気が向いた時 掲載ページ

ひつじ  
メイクアップ ミニ セミナー

今年の 秋らしい アイメイク

左図は ブラウンを基調にしたちょっとエスニックorボヘミアンぽいメイクです。 
手の込んだワリにはナチュラルなメイクになりますよ。

 


 上下の睫毛の際をすっかり囲むように ブラウンのアイラインを敷き、目頭からまぶたの中央までと眉骨の下に、ライトベージュを幅広くぼかします。

  オレンジを目尻側から中央に向かってなじませ、茶のアイシャドウで上まぶたのアイラインの上をなぞります。カーキグリーンで下まぶたの目頭部分と目頭から アイシャドウブラシを使って眉山の下辺りまでを目安に 淡くラインを入れます。

 睫毛
は 充分にカールさせ 睫毛全体にしっかりと 黒のマスカラをつけ、乾いたら 上の睫毛の中央から目尻よりに 茶のマスカラをもう一度 つけます。

 眉は 先のカーキグリーンで 眉の中に色を入れるつもりで描き、不足を感じる部分のみ、こげ茶のアイブロウペンシルで 描き足します。あまり作らずに自然に仕上げます。 
  チークは 自分の肌になじみのよい自然な色を使って、頬骨をかすめて チークブラシの先くらいを目安に、小さく円を描くように色を置き、それを 耳のほうに向かって 軽く流します。
 
 口紅は これも 特にきちんと輪郭を取るというのではなく、肌なじみのよい 健康そうに見える色を 唇の中央に置き、それを全体に伸ばして もともとそういう唇ですという風に見せかけます。(これはベビーオレンジです)

 このアイメイクは 一見複雑に見えますが、仕上がるととてもナチュラルで それなのに新しい 素敵なメイクになります。

  お顔の配置バランスで平均的〜幼顔、目と目の距離のあるタイプの方には とくに お勧めです。

 ココでは 眉にカーキグリーンを入れましたが 勿論茶系でもOKです。
その場合は なるべく明るいものを使って いろいろに工夫してください

* 参考ページ * シンデレラコーナー  No.15 Mis.Tsutada No.2 2002・8・24

ケンとメリー 『 ある残暑の日の 怪・・物? 』

from Question Box of Aurea Ovis

日焼止めって 
いつ頃まで使うものなんでしょう?


★ 日焼止めというものを 夏用と規定するのは 
どこから来た発想なのか・・。

 日焼止めは その名の通り 日に焼けそうなときには 一年を通して使えるものですが、私は 3月末辺りから秋の運動会が終わる頃まで とお話ししています。

  でも レジャーに限らず たとえば 一年中比較的汗をかきやすい方、屋外での活動の多い方たちには 季節にかかわらない御使用をお勧めしています。

 日焼止めといわる物は 殆どが 落ちにくさを売りにしていますから、一日の終わりの クレンジングは 日焼止め専用のものを使って きちんときれいに落とすことを忘れないで下さい。

美白化粧品で シミが消えるのは 
  なにが一番ですか?


★ 一口に美白化粧品といっても 肌全体に使用する美白化粧品のシリーズ化されたもの―クレンジングから始まって クリームなどを含む美白基礎化粧品シリーズと、シミなどついて、美容液のように集中してその部分のみを 積極的に美白するものがあります。
 両方使用できれば尚よいですが、先ずは 皮膚の新陳代謝を積極的に促すようにお勧めします。そのためには 充分な水分が必要ですし、また それが肌上から失われないように とどめておくための適度な脂分も必要です。

 毎日のお手入れで それが叶っていれば 気になる部分について 美容液などで集中ケアを施すことは より早い美白の実現をもたらすでしょう。 

            編 集 後 記 


 
『こんにちは!! いつも楽しみにホームページ、見てますよ
今日は何か更新してないかな〜なんて読んでます。とくに、ひつじ小屋のだよりの内容とかをそのまま印刷したりして、「ビューティーノート」みたいなものを勝手につくっちゃって、トラブルがあったときにはかなり役立ててます あと、お話しのページも全部印刷して、スクラップしてベッドの横に置きながら楽しんでます。ウフフ

 
(ホームページをご覧になった方からのお便りをご本人の了解を得てご紹介します。)

 
この仕事を始めてから 初めて積極的に触ってみた機械―パソコンは いまや 私の日常に欠かせないものになりました。中でも ホームページを作り 毎月更新していく作業は とても楽しくて、様々に工夫を凝らせるという点で まだ 開けていない扉を開いていくような趣のそれは 好きな作業でもあります。

 そして このように お客様から自分の作ったものを 毎日の中に取り入れて 役に立てて頂いているというお便りなど頂きますと、これは 本当に ちょっと気恥ずかしいほど嬉しいものなのです。

 自分の日常での言動が 思わぬところで役に立っているということがあれば、それは 大変光栄ですが、自分の越し方を思えば なんとも申しわけないような そんな気にもなってしまいます。

 お客様からの こうしたお便りや質問、また ご利用をいただけて 日々を過ごせるというのは なんとも 贅沢なことだなぁ・・と つくづく・・。好きな仕事を 出来るだけ純粋に 楽しんで行なって生きていきたい と思って始めたことですが、思わぬプレゼントが付いてきて 得した気分になっています。

 これからも 分相応に 楽しんで生き、何かの時には 思い出していただけるよう よい仕事をしていきたいものだと思えた お便りを読んだ日ではありました。


追伸:自分で、まとめている「おはなし」と、ひつじ小屋だよりのQ&Aをおくります。ちょっと表紙の絵はは「著作権法違反」かもしれませんが、個人的に楽しんでいるだけで、決して悪用はしていませんので、許してください。。。

     (メールと写真を 送ってくださった方からのコメントです。)

ご報告

アルゴテルム 
ブラン ペルフェクシオン 
マスクキット
による

  美白を目的とした 
  スペシャルエステ

 ただいま モニター様に 全2回、2週間をかけての お試しをして頂いております。

 次回には その詳しい結果をご報告できると思います。どうぞ おたのしみに・・!!



 # エステティックのページが
新しくなって 見やすく
分かりやすくなりました。#

 Mis.Sachiko &.Mis.A.Masudaのお二人のご協力を頂いて 出来上がったページです。
 是非 ご覧下さい!  ↓


Aurea Ovis で行なう

アルゴテルムを使った
目で見るエステティック
の流れ


 エステってどんなことをスルの? 

 


 Aurea Ovis 9月のお休み予定日


 4,11、18,25  各水曜日 
  13日(金)
を 予定しています。

営業時間;平日 午前10時〜午後7時
     (エステの受付は1時間半前まで)
       日曜祝祭日 
           午前10時〜午後6時
 
連 絡 先 ; 
240−0111 葉山町一色857−1 椿コーポ5号

ph.&fax.  ; 046-876-2538
E-mail :  be@aureaovis.com
U. R. L. :  http://aureaovis.com



携帯用のサイトはこちら!
 
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号室
Ph.& Fax.. 046-876-2538   E-mail ; be@aureaovis.com