『幸せになる義務』 のページ

 

4 縦に 深く 貫いて生きる

 

 人はその人生の毎日を横に生きるのではなく、
縦に、深く、貫いて生きなくてはならない。

 私たちは 毎日、朝生まれて、昼という人生を生き、夜死ぬんです。
そして 再び朝生まれて新しい人生を生きる。

 人生は その繰り返しなんです。
 だから 毎日をだらだらとただ生きるのではなく、意識して生きること。

  自分が 何を一番と思っているのかをあらわしながら生きること。

毎日、朝生まれて、キリストが死に向かって生きたように、
私たちも精一杯その日を生き抜き、一日の終わりに死ぬ=眠る。

それを繰り返していけば、何も心残りは無い。

 


 良い気候の 明るいある日の午前中、

 とても 少ない人数 (10人もいなかったように覚えています) が聖堂に集まったとき 伊藤師は 来た人たちを前のほうに呼んで 座らせると、ほとんど ささやくような 小さな声で そう お話なさいました。

 夏が近かったような、そう 今頃の光の加減だったような そんな記憶があります。
 
私は 前から2番目の席に座っていたと思います。

 私たちのすぐ 近くまで いらして、伊藤師は ゆっくり 丁寧に一つ一つの言葉をいいながら そんな話をしてくださいました。

 それは 自分にとっては ちょっとした衝撃。 あー・・ なるほど! と 思いました。

 

  自分が 何を一番と思っているのかをあらわしながら生きること。

毎日、朝生まれて、キリストが死に向かって生きたように、
私たちも精一杯その日を生き抜き、一日の終わりに死ぬ=眠る。

それを繰り返していけば、何も心残りは無い。

 

 確かに、思いっきり その日 その日を生きていれば、突然 なんの用意もなく 死ぬことになったとしても、少しも あわてることは ないんだろうな と 思います。

 

 難しいこと 凄いことをしろ とか 厳しい修行とかうんと勉強するとか、なにか大変なことをしなくてはならない とか そんなこと けっして 一言もおっしゃらなかった。

 やさしく穏やかなその口調には、厳然とした 真理の希求への揺がない姿勢が現れていて、いつも お話を伺うたびに 私たちにもそのように心を正し、意識を正して日々を生きることを 願えるように と させてくださいました。

 

前頁 次頁




携帯用のサイトはこちら!
 
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号室
Ph.& Fax.. 046-876-2538   E-mail ; be@aureaovis.com