ひつじ小屋だより 26 

発行日 2002/12/05
発行者 遠藤由美子

も く じ

ひつじ小屋の風景 16 (持てるもの)

Christmas!Christmas!

『エレの引き出し』 ひつじさん登場 @

アルゴテルム 
「アンティ・エイジング」
のための
化粧品

編集後記 & お知らせ 

ひつじ小屋の風景  16  (持てるもの)

  先日 とても不思議な一日を体験した。

 その日の朝7時に目がさめてみると、あらゆるものが 厚く固めたゼリーを通して見ているように ぼわぼわして きちんとした像を結ばない。色も形も それが何なのかも わかりはするが、しかし そのすべてがどうにもはっきりしない。それでもこういう私なので そのうち何とかなるだろうと高をくくり、大して気にもせず 多少の不便を感じつつ、いつものように仕事に出かけた。
 
 しかし 昼が過ぎ、午後からの頼まれ事のために出かけるにあたって さすがの私も心配になってきて、もしこのままこういう状態が続くとしたら・・とやっと思うようになり、先ずは 目医者に連絡しようと試みるが 土曜日の午後のため どこにもアクセスできない。 
  目のことゆえ 医者の診断の後のほうが・・と良心的な 若い薬局の店長の言葉に だって見えにくいんだもん と 高い目薬を買い求めて試みては見るものの 全くなんの変化もない。
 
 あの日 一体どういうわけでそうなったのか 未だに分からないが、その夜 なれぬ一日にへとへとになって 一旦眠った後、これまた なぜだかわからぬうちに 私の目はいきなり元に戻ってしまったのだ。 ???
 (このことについては 当ホームページ「B−Note」11月9日分 に詳しい。) 
                                     
 私にとっては これまで 目は見えていて 当然だったのだ。
そういう私に あの日の出来事は 丸一日かけて"見える"ということがどういうことなのか"見えにくい"ということがどういうことなのかを 日常を持って知ら示したのだ。

 人間の想像力なんて貧弱なものだ。なって見なくては分からないことだらけ。
だからこそ 今ある持てる力を いつだって 出来るだけそれを必要とする人たちと分かち合うことが 求められているのではないか・・。
 私は あの日を通じて 今まで 教わってきた言葉が ここに来てしっかりと血肉をつけ、身に沁みて理解を得、これから先の 命ある日々を それに根ざして生きていけという声を 聴いたように思ったのである。

 そのための 私に与えられた あらゆる自分の持てるものなのだ。私と同時に在るもの、体 心 考え方 能力 生き方 愛するもの達、人として持っていて当たり前と思っていた 五感、生きることすらも、すべて 必要なところに その力をシェアしていくことが きっと 本当に 自分を生きることになるのだろう・・。
 

  不思議な 貴重な 忘れられない一日の出来事だった。 11月9日に感謝。

         ankoが寝ると 重いんです・・

 

 Christmas!Christmas!  J's Sweets"for Christmas"より

 左の写真は クリスマスのために 何時も我が家で作る定番のフルーツケーキとアップルパイです。

 作り方はとっても 簡単にしてあります。 きっと皆様のお宅でもいろいろに工夫されて クリスマスのためのお菓子など作っておられることと思います。だんだんに 子供達もなれて 今回のアップルパイは下の息子が手際よく手伝ってくれて出来たものです。

  フルーツケーキは 本来は保存食ですので、前年に焼いておいたケーキを今年いただき、今年焼いた物は来年のクリスマスのために 保存しておきます。  

 ” 暖かいミルクティーと一緒に どうぞ。”

"クリスマスのための簡単に出来るお料理" 

 の写真は一見豪華そうですけれど 実はすごく簡単に出来るものばかりです。一番大変なのはブッシュドノエル(チョコレートケーキ)でしょう。

  中央右から「ちいさな星型のミートパイ」手前「きのこのクリームスープ」左「キラキラゼリーとポテトサラダ」中央「鮭のムース―メルバトースト付き」そして後方ブッシュドノエルです。

 ホントに申しわけないほど簡単なんですけれどお味は取ってもグッドです。
  いつものものもこうしてちょっと工夫するだけでとっても手をかけた素敵なお料理になりますね。  
 


 私たちが なぜ こんな風に 毎年クリスマスを楽しむのか 
今月の
J's Sweets!の最後に詳しく書きました。

 ただ単に 楽しいから 好きだからというのもありますが、本当に 結構長い事 母子家庭をやってきて やはり経済的には ふつうの?お宅よりも苦しいので、いかにして生活を楽しむかを しょっちゅう考えていたような気がします。
 
お金がなくても 楽しめること。一番手っ取り早いのは やっぱり食べることの工夫なんじゃないか と おもいます。
 
必然で生まれたような結果になった ”J's Sweets!ですが、それを思うと このページへの思いは メイクアップやエステティックに劣らぬほどの 強さになってしまう 遠藤です。


お菓子 お料理 お話し お便り
アドヴェントカレンダーってね、クリスマスを楽しみに 待つために 毎日一つずつ ロウソクに 火を灯して その日の為に 準備するものなのです。 

子供達が 小さい時には ロウソクの足元に 小さいサプライズボックスを 一つずつつけて、毎朝一番早く起きてきた 子供にそれを開ける権利が ありました。

サプライズボックスの 中には 小さいメモが 入っていて その日のお楽しみ(クッキーとか 好きなお菓子を買う権利等)が 毎日ありました。


(右は 今年の ひつじ小屋の カレンダーです)

 

『エレの引き出し』  ひつじさん登場 @ 

  ふぁ〜・・。」
  小さなお口を いっぱいに開けて エレはあくびをしました。まだ ちょっと ぽわんとした感じのまま 首をちょっと動かすと ママが座って お洗濯ものをたたんでいました。

 ママは 何でも出来ます。エレは まだ小さくて なんでもママやパパや ときどきお兄ちゃんにもしてもらわなくちゃならないけれど でも もう少し大きくなったら なんだって 自分でやれるようになって、たくさんママのお手伝いをしたり パパと遊んだり お兄ちゃんとも 時々 遊んであげようと 思っています。  

 ママが 洗濯物をたたみ終わって みんなの着るものを パパの引き出しにはパパのシャツや靴下、ママの引き出しにはママの下着やセーター、お兄ちゃんの引き出しには くまさんの靴下や飛行機の絵がついているトレーナーやパンツを入れました。そして 最後の一番下の引き出しには エレの大好きな黄色い羊さんのついたふわふわのタオルやピンクのオーバーオールや真っ白なあったかい毛糸のベストがしまわれました。
 
  ママが引き出しを半分閉めかけたとき、電話がなって ママは そのまま立ち上がっていってしまいました。 


  半分開いたままの引き出しから 小さい黄色の羊がぴょこんと 顔を出したのは そのときでした。エレは びっくりして じっと見ていました。

つづく・・・

アルゴテルム 「アンティ・エイジング」のための化粧品

 最近テレビで話題になった事もあって、エステサロン専用商品だったアルゴテルムの商品のご自宅使用のためのご購入希望が増えています。
 私も 勿論人様のお顔やお体に使用するものですから、今までなじんできた商品たちをすべてアルゴテルムのものに変えました。

 アルゴテルムの商材は、すべてのものから出来ています。
決められた場所にしか生息しない海藻、ゴクわずかな地域のミネラル豊富な海水、気も遠くなるような時間を経て自然精製され、たっぷりの栄養分を含む海泥を 安心できる技術で、時に天然ハーブなども混ぜいれて創り上げた、ごくシンプルで安全、肌にも地球にも悪影響のない優れた商材だと いまはもうすっかりアルゴテルムにはまってしまっている私は 思っています。

 今回は この季節には特にお勧めの商品を ご紹介させていただきたいと思います。

 

ローション・
イドラトニック 

125ml   5500円
当店価格5000

 この時季は 何度も何度も繰り返し繰り返し、くどいように乾燥のことが話題になりますが、実際ひどい乾燥で肌を悪くしてしまった方たちが この化粧水で本当に見る間に きれいに水分を含んだしっとりしたお肌になられてています。

 ジェル状で、化粧水なのに これでマッサージも出来るくらいです。

 こちらの化粧水を使いますと 本当に肌がしっとりして すこし透明なフィルムがあるように肌の表面を覆いますので、うっかりすると乳液などをしなくて良いようにすら思ってしまうほどですが、でも まったくべたつきがなく、化粧水の浸透した肌のさわり心地の気持ちよさは なんともいえないものがあります。勿論 この後にせっかく入れた水分を逃がさないためにも、出来るだけ長い時間 水分を肌内に納めておくためにも、乳液なりクリームなりは 必ずお使いくださいね

編集後記  お知らせ 



法性寺入口の夫婦銀杏の木
☆ もし、サンタクロースが一人で、世界中の子供に24時間かけてプレゼントしたとして、子供24億人として、一人当たりにかけられる時間は、1時間1億人。ということは、1秒あたり、27777人です。

サンタクロースさんが27777人いても、1秒あたり1人。

 こういう計算をした人がいます。 でもサンタクロースって一人じゃなかったですか・・?

 映画にもなった「34丁目の奇跡」のように もしかしたら 何時も私たちのすぐそばにいる サンタクローススピリットを持った人たちが クリスマスの日、時間になると サンタクロースになるから いっぺんに 世界中の子供達のために プレゼントが贈られるんじゃないかしら・・? と 私は考えるのですが・・・ いかがでしょうね?


「ひつじ小屋だより」3年目に入りました。いつもつたない読み物にお目通し下さいまして 本当に感謝しております。
ありがとうございます。

「クリスマスの小さき会堂のあはれなる」
                   正岡子規

・「ケンとメリー」今回はお休みさせていただきます。

12月のお休み 

第1〜第3水曜日&29日以降

を予定しています。

Aurea Ovis 

営業時間

平日 午前10時〜午後7時
日曜祝祭日 午前10時〜午後6時

 連絡方法

240-0111 三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号
Ph&Fax  046-87
3-2538

メール&ホームページアドレスが変わりました

E-mail be@aureaovis.com
U.R.L. http://aureaovis.com
 



携帯用のサイトはこちら!
 
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号室
Ph.& Fax.. 046-876-2538   E-mail ; be@aureaovis.com