幸せになる義務

20

 なにも心配していません

 

 

「わたしはなにも心配していません。

神さまはわたしたちが必要としているものを
かならず与えてくださる。

わたしたちは神様に祈り、与えられるのを待つだけです。

わたしは自分の体験を通してそう信じています。

わたしたちには困難と見えることも、
神様のはからいの中にあります。

かならず解決されます。」

 今回のこの言葉は、全体的に 司祭の数が少なくなってきていることについて、懸念されたときに、そこに集まった一同に向かって言われた言葉だそうです。

 しかし、似たようなことを 伊藤師は、時々 私にも 言われたことがありました。

 なにかを 心配する、不安がる、途方に暮れたり、この先を恐れたりしそうなときに、いつも、「神様が ちゃんとしてくださるから、心配しなくていい、お祈りしてるからね。あなたは 元気でいなさい。」と おっしゃってくださっていました。

 そういわれると、ふわっと 心身が浮いたような 軽い感じがして、はい、わかりました、と 返事してしまうのです。 

 そして、そういわれる前に話していたあれこれ諸々が、本当に 気にならなくなって、だから 話に行って戻るときは、伊藤師のところに行く前の自分とは まったく違っている というのを、ただただ 楽しく うれしく 幸いに感じていました。

 でも、それは 不思議なことに 今でも そうで・・

 例えば、90と86の両親のこと、その日常的ケアについて起こる諸々のこと、クリニックに通っている娘とその今後のこと、なかば音信不通状態の娘とその子供たちなどのこと、夫々に不安要素を抱えている各職場にいる息子たちのこと、心身の健康が気遣われる娘のことなどなど・・、そしてまた、連れ合いの事などについてもを含めて、様々に 日々、思い出すたびに ふと 一人で冷たい場所で じっと息を潜めて 様子を見ているような、そんな気分になることも たまにあるのですが、あまりにそれが強くなると、どこからとも無く 伊藤師の言葉が 聞こえてきて、・・ そうすると、そうですね、わかりました、と なんの理由もなしに 安心してしまえるのです。

 おもうに 自分が心配したからといって 突然 何かが変るでもないですね・・。
 それよりは やっぱり ちゃんと 祈って、お任せする、きっと 良いようにしてくださるから 心配ない、大丈夫だ と信じて、自分にできることをし続けることのほうが ずーっと 楽だし、確実なのだということを、実は 自分も 何回か経験しているので・・、

 だから 伊藤師のこの言葉に私は、少しも疑問を持つことがないのです。

 

前頁  次頁

 



携帯用のサイトはこちら!
 
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号室
Ph.& Fax.. 046-876-2538   E-mail ; be@aureaovis.com