Aurea Ovis

きょうは『金羊日』

2011年 3月

 

1 あれから・・

2 パニックにならないために・・

3 医療従事者による現地レポート

 

 1 あれから・・

 今日は 2011年3月の20日である。 彼岸の入りから二日目にして、一年間楽しみにし続けてきて その日は またしても頓挫してしまった我が誕生日から9日目でもあり、そして・・ 

 このたびの大震災からも9日目となる日である。

 この一週間、震災についてなどもふくめて あれこれ書き始めてみたものの、つまりは 自分の内側が 余りにざわめきすぎていて、何を書いても 書き終わりにまで到達しないので、しばらく 書くことを止めていたのだが、そろそろ 一週間以上が経過してきて、ようやく 思うところを形にして 留め置こうかという気になってきたようである。

 ・・といったからといって なにを書くでもないのだが・・

 

 産まれて初めて というのは、これだけ生きてきても あるものなんだなぁ・・と なんだか ピントの外れた感慨を深めているところだ。

 しかし・・ すさまじいものだ。常日頃 怖いものと思ってはいたものの、映画などで 何度も もしもの想定においてのそうした状況を見たことがあったとしても、・・あれは、無い。

 なにか 兆候が有ったのだろうか・・ それとわかるような??

 いやいや、そうであれば もっと 人々は警戒していたことだろう。そんなこと これっぽっちも思うことなどないくらいに、それは いつもの日常の始まりだったはずだ・・

 すさまじい地震、そして それにつづく あまりに巨大な津波が、人々の当たり前の日々を 突然襲い掛かって飲み込み 消滅させてしまったのは・・、まさか! まさか?!の現実。

 それが、ほんの一瞬の出来事、ほんのわずかな時間でのことだった というのが・・

 

 それに続く 福島の原発事故は、(これは人災!)もう いい加減、人間の驕りによる『人命をいつまでも脅かし続ける犯罪行為に等しい原発』を、この地球上から 一切無くすための、一種の喚起を呼び起こすためのものかも・・などと、この時期には 少々不適切ながらも 思ったりもしているのだが・・

 とにかく、様々な議論が沸騰する中、原子炉爆発の危機を阻止せんがために、命を賭して 恐怖と緊張の中、身をなげうって働いてくれた方々に、そして そのご家族の方たちに、心からの感謝と賞賛を、そして 申し訳ない気持ちと謝罪を 申します。

 しかしながら、様々な情報が錯綜していて、もちろん テレビなどは信用できないし、実際 メディアで報道されているようなことの裏には、こんな風(*下記参照)に 離れていては 見聞きすることも 知ることもできない悲惨が まだまだ、今後も続く可能性が高いということを、離れて日常をすごす我々は知っておかなくてはならない。

 

 遠藤的には、子供達が とくに心配でたまらない。赤ん坊やちいさな子供達、小学生や中学生、それに 妊婦さんたち、出産を控えている人達、出産した後の人達・・ 何しろ、安静を保護と栄養の必要な人達が 心配でならない。

 もし 出かけていっても良いといわれれば、赤ちゃんをお風呂に入れたり、ケアしたりという そういうことを是非と 思っているけれど、ちいさな子供達や学校に通う年齢の子供達のために、できるだけのことを・・なにがいいのかまったくわからないけれど・・ したいと 願っている。

 お母さんたちも、お乳を出さなくてはならない人達も、特に 心配だ。母乳は血液の変形した物なのだから、お母さんの健康状態は 即、赤ちゃんに影響する。母乳以外、口にできない赤ちゃんたちは、お母さんのお乳が出なくなってしまったら、そこに ミルクなどがあればよいけれど、ないのだから・・ そうなると もう あっというまに衰弱してしまい・・、想像したくない事態に陥ることは必至だ。

 なんとか、なんとか、なんとか!どうか 助かって欲しいと 毎日、思い出すたびに 祈り続けているが・・、この状況を 歯噛みし、強くもどかしがるばかりで こんなところで暮らしている我々には 直接何をどうすることもできないままが、今後もしばらく続くことだろう。

 

 買い物に行けば、どこのブログでも書いているけれど、ほんとに 物が無い。
これとこれをかってこよう とおもっても、そんな がら空きの 薄暗い店内に群がる人々をみてしまうと、なんだか もう なにも買う気が起こらなくなってしまう。

 しかしながら、こんな意見もあり・・

 お金を使おう

 「あちこちの飲食店が悲鳴を上げている。お客さんが来なくて、食材が余っているそうだ。おにぎりひとつで一日をしのいでいる人たちがいるのに、こっちで食材を捨てるなんてあっちゃならないことだとカフェの人がつぶやいていた。この際、少し暗かろうとなんだろうと、どかどか外食に出かけ、東北以外の人で経済を回していこう。よしきめた。今日はイタリアンに行くっ。 (以下略) 
  Date: 2011/03/18(金)」

 また とても参考になった こんな考え方もあり、離れている者たちは その場その場で それぞれに きっとこれがいいと 思うことを 行い進めていくことが 今は 大事なんだろうな という、・・そんな気持ちになってきている。

 

 こんな非常事態であっても、当方は、あたりまえに 血圧の薬がなくなったので、医院に出向き、N先生と楽しく会話しつつ、もうちょっと 様子見て、それから お薬のこと考えましょう と言われた後、スーパーにいけば、まぁ 先のような様子で・・、なので 調剤薬局のとなりにある 一度もはいったことのない、ちっちゃな『八百屋が主体のいろんな物を売る店』に入ってみた。

 ふたりのおばさんが 小さいおばあさんのために あれこれ買い物を手伝っていたが、腰のひどく曲がったおばあさんは、小ぶりの買い物カートで 身体を支えながら、それから これも・・と いって 手近なひとつ包みの和菓子を数個、買い物籠に入れていた。
 「お客さんがきてくれても お茶菓子もないんじゃ ね」 といって。

 それを聞いたとき、ああ、おばあちゃんの生活には、こんなふうに どこにいっても 欲しい物が何も無いというときにも、尋ねてくれる人がいることを考えて そのために用意するっていう そういう毎日が 当たり前にあるんだな・・と おもって、なんとも 暖かい気分になった。

 お店の人とのやり取りを聞いていると どうも 連れ添ったご主人は、いないか 動けないか、、のようで、だから、足が不自由でも 身体が痛くても、自分が買い物に来るのだ と言うことのようだった。

 このおばあちゃんは、痛い足で 小ぶりのカートの助けを得て、日々に必要な物を買いに来ているのだ、それなのに、ようやくたどりついたスーパーでは、必要な物が ほとんど無い状態で・・・
 そうなった原因は、この葉山にくらす おそらくそんなに 買い溜めなくても、数日は もんだいなく 暮らせる、そういう人達の先走りで 起こってしまっているのだ、と 思ったら、ほんとに おばあちゃんが気の毒で、でも そこでも だからといって 自分の買い物を控える以外、なにをすることもできない自分もいて、なんとも やりきれない思いで 店を後にしてきたのだった。

 欲しい物が無いのは まぁ 困る・・ けれど、食材に関しては、もう あるもので 何とかしようとしなくては と 思うのだが、だれでも そう思うのではないだろうか・・?

 栄養のなんのと言うよりも、なにしろ それしかないのなら それで何とかするしかないわけで・・
(そう、ここが工夫のしどころで!) せめて そのくらいのやりくりでもして、被災地の苦しい現状に こちらの生活も 少しの間でも、添わせていくことは、本当にせめてもの犠牲になるのではないか と 当方は考えるのである。

 停電ごとき、なんてことない、いくらでも やればいい、それで あちらが助かるというのなら。と 思うんだけれど、実際 停電になった実家では 母が身体が冷えておなかがおかしくなったというし・・ ほんとに なんともいえない気分ではある。

 

 極東の、ちっちゃな島国の我が日本は、今、岐路に立っている。

 これから、日本は どうしていこうとするだろう?

 再生なんて しなくていい。 同じ国を もう一回つくることなど 考えなくていい。

 そうじゃなくて、新しく 原発の無い国にして、世界中の原発撤廃の発起国になるといい。

 原発で 暴利をむさぼってきた連中や そうしてきたこの国の悪が すべて明るみに出されて、人々が 何が真実だったのか、を すべて 明らかに知るようになるといい。

 まだまだ、長いスパンで 今後の被災した各地のために バックアップしていかなくてはならないのは当然なのだけれど、そのためには、日本の国中の一人ひとりが 本当に、自分のことを100%にしないで、顔もしらない、あったことも無い苦しい生活をしている人達を、日々、何かにつけて 心に掛け、なにかを選んだり 決めたりするたびに、被災したり 苦しい立場、不利な立場の人達のことをおもって 判断 実行できるような国民性の、そんなより良い国になるといい。

 小さな子供たち、これから生まれてくる子供達、そのお母さんたちが 被爆してしまわないように、と 心から祈っている。なによりも なによりも これが一番 怖くて心配だ。
 だけど、その恐怖は じわじわと現実になりつつあるようだ・・

 ここでも 遠藤は奇跡を願い求めている。もう それについて 遠藤ができることといったら それしかないのだから。

 正しい情報が ほしいとおもう、正しい情報を 手に入れたいと思う。
それは 自分に限らず、だれでもが 思っているはずだ。

 なのに、どこもかしこも 言いたい放題で どれが本当なのかなんて、素人には何もわからない。

 実際に チュルノブイリ原発事故で被曝した子供達のケアをし続けている 鎌田實氏のブログの情報を、今のところ 一番信用している自分ではある。
 (NHKをはじめとする 一連の報道は、じつに 嘘くさいので、あれらは 無視している)

 それでも やっぱり 人間のしていることなのだから、何から何までを信用できるのかといったら それも どうなのかと思ってしまっている。。

 

 なんにせよ、一週間・・いや 10日近くがたっている今、徐々に見え始めている 様々は現地の状況に 的確に対応していけるよう、まずは 何よりも それを進めていくことが 今 一番 大事なことなんだろうと 思えている。

 毎日 毎日、かの地で苦難のうちにある人達をおもって、ただただ 祈るばかりの自分だが、亡くなった尊敬する恩師の伊藤神父が『祈りの力は絶大だ』といっていたように、多くの人達の祈りが集まって、きっと この状況を良くしていくだろう と これは 心底 信じている。

 

  辰巳琢郎「子どもの餓死、死体の山…」石巻市の救援が行き届かない現状を代弁
シネマトゥデイ 3月19日(土)0時24分配信

 俳優の辰巳琢郎が、東日本大地震で被災した宮城県石巻市の友人が訴えた命のメッセージを自身のオフィシャルブログに掲載し、いまだ救援が行き届かない被災地の現状を代弁した。

 辰巳は15日に「地獄…」と題したブログで、安否を心配していた石巻市の友人と衛星電話で会話したとつづり、被災地の実情を多くの人に伝えてほしいと頼まれた。そして、「死体がゴロゴロなんですから。避難所にいるのに、食糧がなく、子どもが餓死してるんですよ」とメディアでは大きく取り上げられていない現状を記している。

 この衝撃的な訴えを公開した辰巳だが、「友人のいる避難所に救いの手を…」と訴えるためだけにつづったのではない、間違えないでほしいと18日に更新したブログで語っている。辰巳がほかにも伝えたかったメッセージは、テレビで報道される内容の表面だけを見るのではなく、奥にあるものを考えるということ。「被災地のこれからのことを想像してください。長い長い支援が必要でしょうから、この出来事をしっかり心に刻みつけて欲しい」と辰巳は訴えている。

 

2 パニックにならないために・・

 2011年3月21日 (月)   原発事故53  (鎌田實氏のブログより転載)

 南相馬市に支援に向かっている高橋さんから今、電話がはいった。

深夜12時に、松本を出発。
中央道、長野道、北陸道、磐越道、東北道を通って、

福島県松川サービスエリアから特別に一般道へ下ろしてもらった。
救援物資移送という事で、警察の許可を得ているので、今のところ順調に移動中との事。
一般道に入って、これから1時間位で南相馬市に近づくと思われる。

新しい報告を聞くと、飯舘村での水道水が基準値300ベクレルのところ、900ベクレルを少し超えたとの事。
それに対し、この水を飲んでも心配はないが、飲み水には使わず、
飲み水は別に行政のほうから配布することを決めたという。

チェルノブイリでも、確かに放射性ノイローゼという事が起きた。
これが人間である。
目に見えないものの恐怖がある。

これを不安、神経症にできるだけさせないで、なおかつ、完璧に体の放射線による被害を絶対に出さない事が大事なのだと思う。

この位は多分だいじょうぶという数値よりも、飲み水や牛乳や野菜に関しては厳しく取り扱う事が、日本全体の不安感を減らす事になり、風評被害も出さない事になると思う。(太字;遠藤)

IAEAが調査に入ったようである。
このデータがIAEAの本部で分析して、公表されると思う。
日本のデータと合わせると、もう少し確かな事が言えるようになるかもしれない。

    

 鎌田實氏とは 面識は一切無いが、この前日のブログで できるだけ広めて欲しいという、救援物資などについてのかきこみがあったのを、今回も応用させていただくことに 勝手にした当方です。
 
鎌田さんは こんなところで こんな風にとりあげらえているなんて まったく知りません。

 ですが、これは おそらく 大事な視点になると、何の根拠もなくおもう自分の直感により、より広くお知らせしたく、転載することにした次第です。

 あちこちで 不安によるパニックが起こり始めています。

 まったく戦後の日本人たちが 有りもしない風評被害を言い立てて、朝鮮の人達をひどい目に合わせたり、外国の人達をいじめまくったことが、情けないことに 今 行われているというのを 聞いています。

 また、二次災害は?と聞く人がいて、何のことかといえば、福島原発で 被爆したと思われる人から 放射能は移るのではないか・・ などという、、 もう 勘弁してくれというような、ちょっと まともな神経ではない と思える、そんな とんでもない ひどい質問が寄せられたとかいうのも 聞いています。

(この場合の 二次災害云々については、ここでも きっぱり言い切ります。
そんなもの どんなことしたって ないです! そうやって 差別やいじめが始まるのです・・

 かなしくないですか? 情けなくないですか? 恥ずかしくないですか?)

 先の鎌田氏のブログの中にも 

チェルノブイリでも、確かに放射性ノイローゼという事が起きた。
これが人間である。
目に見えないものの恐怖がある。

これを不安、神経症にできるだけさせないで、なおかつ、完璧に体の放射線による被害を絶対に出さない事が大事なのだと思う。

この位は多分だいじょうぶという数値よりも、飲み水や牛乳や野菜に関しては厳しく取り扱う事が、日本全体の不安感を減らす事になり、風評被害も出さない事になると思う。

 。。とあるように、私たちは あまりにも簡単で弱い存在なのだということを、まず 認識することからはじめ、だからこそ 落ち着いて、今 目にしている現実を、ごく 通常の意識を持って 見つめなくてはならないと 思っています。

 もぬけの殻となった 崩壊した店舗に、泥棒が入って 物を盗んでいく、これは 中国人に違いない、日本人は 決してそんなことをしない・・ というのも、(ここでため息。。。)読みました。

 もう、情けなくて 涙が出ます。どうやって 見分けるんでしょうね?
どうやったら 日本人は 決してそういうことをしないといえるんでしょうね? 貧すれば鈍するって言葉、日本のことわざですけど・・?

 これも 差別意識のなせる業です。悪いことは 外から来るという 思い上がった感覚が、こういう差別を生むのです。 これも よく 認識しておく必要が有ります。

 鎌田氏の言うように、推測で物事を 図るのを、まず 何よりも止めなくてはいけない と 思います。 ハッキリしたことが わからないのに、やたら 言い立てるのは、まず まちがった行為であることを、自覚すべきだと思います。

 あれこもれも こんな時ですからね、不安になり心配になり・・というのは、ほんとに ものすごく よくわかります、でも、人についてのこと というのは、何も無い平和な時であったって だれだって 憶測で物事を言い広めるなんてのは、愚の骨頂、人の屑でしかないはずです。

 そのくらい、罪深いことと 当方は考えています。

 何が正しいなんて まだ 誰にもわからないけれど、少しずつ いろんなことやものが見えてくると、素人の目にも これは そのようだな、とか これは怪しいとかが、わかってくると思います。 そんな時まで 待てない という人も居るかもしれませんが、ここまできて いまさら あわてふためいても ・・ と 自分などは 思ってしまうので、とにかく まず、様子を見て、確認できるものは確認してから・・ というのを 申し上げたいと思います。

 事実がどうか というのは、あとになってみないと わからない というのは、これまでの様々な事件 事象をみても わかります。

 それを 探り暴き たたき上げて 糾弾するのは、今することじゃないんじゃないか と 自分は 思うのです。(まぁ そうは言っても やりたい人は いるんですけどね、必ず・・)

 今 すべきは、まずは 人命救助と安全の確保、すくい出された人たちが暖かい場所で 寝起きすること、食べること、清潔を保つこと、心身の痛み苦しみを取り除くこと・・ そんなことどもが、まず 望まれ、そして 行われるべきが なによりも 優先される、と 当方は 考えます。

 いっぱい ね、いっぱい、聞こえてきてるんですよ、だれが どうしたから とか、どこが 一番悪い とか・・、まぁ 当らずとも遠からずかなーなどとも おもいますが、今は もう いい! 

 そんなことより、ほんとに 今 こうしている間にも 救助を待ち、寒さや空腹 痛みや苦しみに耐えて、生き抜いている人達のことをこそ、まず 何とかしなくてはならないことなんであって、先の 当方の 1 あれから・・ の転載記事のように、必要な物が 必要なところに届くことを、なによりも 優先させて実行すること、私たち 一人ひとりが 心を砕き、ちいさくても できることを惜しまないで行うことが、なによりも なによりも 求められていると思います。

 風評が立ち始める というのは、人の心が 多少 周りを見るゆとりがでてきたから ともいえます。
  そういうゆとりができてきたときに、まるで その隙を待ち構えていた悪魔に するりと入り込まれたように、恐ろしくも 非道な風評を 言い立てるような、下衆な人間にならないよう、是非 光の方を向き、心を気高く 強く持っていたい、持っていて欲しいと、この国の人間として そういられるよう 祈り 願っています。

 


3 医療従事者による現地レポート

JKTS
被災地へ医療スタッフとして行ってきました。
短い間でしたが貴重な体験となりました。

 この3月11日の東日本大震災から数日、当初21日間という予定で(後23日間に延長) 現地での医療援助チームの一員として、過酷な現実と医療環境の中、言葉通り 身を粉にして働いてきた、東京の若い看護師のブログレポートです。

 どうか 是非 お読み頂きまして、できるだけ たくさんの方に お読みいただけますよう、ご連絡いただければ と思いまして、ここに 先様には無許可ですが、アップいたしました。

 最終レポートで、陸路で東京に戻ってくるときのことが書かれていますが、東京と陸前高田などの被災地とは それほどの距離も無いのに、東京に近づいてくるにつれ、見えてくる高層ビルや当たり前についている電気や信号、綺麗に着飾っている人達をみて、被災地と東京は どっちが現実なんだろう・・というくだりがあります。

 私たちの想像力なんて 本当に ちっぽけなものです。
彼女のブログを読みながら、かなしいかな、人間はだれでもが 自分の目で見、耳で聞いたことしか 信じられないし、受け入れられないのだ ということが、これでもか と言うほどに 思われてなりませんでした。

 だれもが 彼女のような実働が可能なわけでは有りませんが、先のブログ内にも書かれていたように、被災しなかった者たちは、日常のいろいろな場面で、自分のできるバックアップ方法を それぞれに考えて 実行し続けることが日常になるようにしなくては・・と 思いました。

 中に お金をためて、旅行する時は東北に! と 書いてある箇所があって、ああ そうだな、東北地方は あまり 行ったことが無いから、すこしでも いけるようになったら、頓挫した我が誕生日を そういう形でやり直してもいいな と 思いました。
 (これは 是非 タコ氏に言っておかねば・・!)

 日常を 被災した人達を思いつつ 過ごす ということが、今 被災しなかった者たちのすることかもしれない と 思います。

 こまめに節電することや、食材を必要なだけ買ってすっかり使い切っていただくことなども、つもりつもれば それなりの援助対策になるかもしれません。

 

 そういえば 当方のご近所さんの『夕凪亭』では、すこしでも・・の気持ちをこめて、通常 ランチとディナーに分けての営業を、むこうしばらく 連続営業とし、ランチとディナーの間の 2時半から5時半までの収益を 募金に当てることにしたそうで、我々も 早速 行ってきて、おいしい募金をしてきました。

 オーナーご夫妻には 日々益々お忙しく大変なことと思いますが、是非 皆様 お出かけいただきたく、夕凪亭に代わりまして、お知らせいたします。 お出かけくださいね。

 日本のメディアには 情報規制があります。まぁ どこの国にも有ることは有りますが、それにしても 日本の場合は、広く浅くが 当たり前ですから、実際の深いところは 本当に それを見聞きしてきたり体験してきたりした人の語ることでしか、遠くの者はわかりません。

 もう すでに 今回ご紹介した先のブログについて ご存知でいらした方も、このお知らせで初めて 知ったという方も、どうぞ お知り合い、お友達、ご家族などなどに どうぞ ブログ主である看護師さんの経験してきたことを お知らせ頂き、それぞれの毎日から 被災地と被災した方たちの毎日が遠くならないように・・、日常の かの地へのお心配りの継続をお願いしたく 願っております。

 本当に、一日も早く! 一刻も早く! 個々人の安心と安全と健康、暖かな居場所と食事、そして清潔な暮らしとより良い仕事が得られますように、心から お祈りいたします。

 

前頁  次頁



携帯用のサイトはこちら!
 
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色857-1 椿コーポ5号室
Ph.& Fax.. 046-876-2538   E-mail ; be@aureaovis.com